KAZUO'S DOOR

温度差が激しい陽気で、体に気をつけましょう

梅雨の晴れ間にちょっと嬉しい発見です🍀

四葉クローバー

自宅の芝生に生えるクローバーには容赦なくても、
場所が違えば「一枚くらい見つかるだろう」と、
しゃがんで、じっと目を凝らして探索スタート
近方視力が衰えたのか、見つかりにくい~
それでも無事に見ることが出来て(わかります?)
四葉のクローバーの花言葉の『幸福』通りに、
近々何かラッキーなことが起こるといいなあ
他力本願は性に合わないので、願いは少なめで、
幸運を招ける様に僕らしく頑張ることにします

毎朝、診療前には2階でチェロの朝練で、
教本の難しい課題曲も徐々に整ってきました

チェロ朝練

映画『パイレーツ オブ カリビアン』の主題歌、
♩He's a pirate:彼こそ海賊♩も練習しています
初心者用楽譜を先生に2つのパートに分けてもらい、
夏の清里合宿で発表しようと狙っているのです
9日(日)に八王子で相方と初めての音合わせをして、
素人なりの意見を出し合い練習をしてきました
アンサンブルの演奏はとても難しい作業ですが、
まだ2カ月半あります、、仕上がるはずです
2cellos の迫力満点の演奏が脳細胞には入力済で,
こんな衣装がいいなあ、と余分なことまで進行中

夏に向けて髪を短くしました、僕も相棒も

ソフトモヒカン

20年近くお世話になる理容師Sさんに相談して、
夏に向けてイメージチェンジをしました
次回はもう少し切って、ソフトモヒカンへ
よし、ちょっとメッシュも入れるかぁ~

2019-6さくら

さくらはいつものように3㎜で全身カットして、
耳はちょっと長めで女子っぽく仕上がり、
親バカですが、凛々しくなったと思いま~す
トリマーのMさんとも仲良しで撮影もバッチリ
ちなみにお値段は、、僕の約3回分です

14日夜はスタッフ全員でコンサートの慰労会で、
栄養補給が完了、明日から診療を頑張ります

6月もどんどん過ぎていきますね

診察室に新しいタペストリーを飾りました

俺タペストリー

永ちゃんの新作でタイトルはずばり『俺』
同タイトルの写真集はすでに手元に届いていて、
元気をもらいたいときにパラパラ眺めています
今や圧倒的に突き抜けた存在となっていますが、
そこへたどり着くまでの努力は壮絶なはずです。
人生を走り抜く姿は男らしく、本当にカッケー
70年の激しい人生を重ねた姿には遠く及ばず、
まるで子供のコスプレのようで恥ずかしいですが、
隣同士に並べて自分を鼓舞している次第です
2年後、『僕』のタイトルで新調するつもりです

ちょっと前、2017年の年賀状です

言葉

『自分と真っ直ぐ向き合いながら生きる ‼』
当たり前のことのようで、いざ自分を振り返ると、
つい流されてしまう事が多いのが現実ですかね
来年、5年後、10年後の自らの姿を想定しながら、
診療に趣味に自分らしく取り組んでいきたい
辛いこと、嫌なこと、悲しいことも乗り越えて、
素敵な景色が見られる場所まで歩いていきたい
どこかに最高の居場所があると信じています

気分一新、新しいサンダルにしました

BVサンダル

出勤するとすぐ白衣+スラックスに着替えますが、
開院以来、足元はずっとサンダル履きです
お店で気になったので担当の店員さんに相談し、
「診療中に使われるなんてオシャレですよ」と、
男心をくすぐられて財布の紐が緩みました~
これから1年間、疲れている時も足元を見て、
フットワーク軽く院内を動き回りましょう

期末試験が終わり、夏の賞与が近づきました

ことわざ

いつも最後には一般教養問題を少し出題していて、
今回はことわざ・慣用句の問題でした
平成生まれのスタッフは聞きなれないようで、
考えた末に出した珍解答もあり微笑ましかった
梅雨空に負けずに、晴れやかに診療します

水無月、、田んぼに水が入り始めましたね

6月大歌舞伎・夜の部、、面白かったです

6月大歌舞伎

お世話になる山野楽器で貴重なチェロを試奏して、
ちょっと高揚した気分のまま、甘い大福を片手に、
6月初日で賑わう歌舞伎座へ向かいました。
歴史漫画『風雲児たち』という原作をもとに、
三谷幸喜さんが創り上げた新作歌舞伎(現代劇)で、
『月光露針路日本:つきあかりめざすふるさと』
幸四郎、猿之助、愛之助など人気俳優が登場し、
伝統と革新が見事に融合した舞台となっていて、
歌舞伎の枠を超えたエンターテイメントでした

三谷かぶき
 
開幕の口上から客席の集中力が高まりました
物語のあらすじは割愛しますが、
わかりやすい台詞、面白い演出、豊かな表情、、
漂流者17名の苦難が見事に演じられていました
大雪原を走る犬ぞりのシーンは最高でしたヨ~
「面白かった」に加え、心にぐっと迫る内容で、
もう1回見たいと思うほど素敵な舞台でした
幕が閉じても誰も席を立たずにカーテンコール3回、
最後は総立ちで、館内に拍手が鳴り響きました
(写真左から9人目、おやすみポーズが幸四郎
さあ、どこかに空席が残っているか検索します

令和が始まり、1カ月遅れで皇居へ

令和二重橋

曇り空、暑すぎないで散策にはちょうど良い
二重橋まで歩き、「令和」の時代の繁栄を願い、
ソフトクリーム片手に楠木正成像を見上げました。
金箔ソフトなんていう豪華な一品もありました🍦
皇居に招かれることは生涯ないでしょうから、
日本国民として一般参賀に出かけてみようかなあ
振り返れば丸の内の高層ビル群、、さすが東京

大阪弁

こちらの商品は、さすが大阪
ちょうどよい大きさ、甘さで疲労回復の特効薬
8日(土)の診療後にはお決まりの期末試験です

このページのトップヘ