KAZUO'S DOOR

7月を待たずに梅雨空けしましたね

先週はお寿司を食べる機会が重なりました

甘い玉子焼き

28日、友人Kさんといつものお店で2時間半、
和みコンサートの事やら不透明な経済の事やら、
心を許して気軽に話せる大好きな時間でした
「牡蠣はいつ頃になったら」と大将に聞くと、
「うちで扱うのは12~5月ですね」、、そうね
季節ごとの肴をつまみに美味しく飲める定例会、
これからも月1回くらいはお付き合いをよろしく
仕上げはご覧のように甘い玉子焼き、サイコー

週末は東京:国際フォーラムで学会でした

銀座久兵衛

東京:銀座で旧友と食事の時間も取れたので、
「ここ行ってみるか」と緩んだ表情で初出陣です
案内されて5階のカウンター席へ腰掛けて、
生ビールで乾いた(暑さ、緊張で)喉を潤してから、
「どのように注文すれば」と板前さんに聞くと、
「お好きなように言ってください」との返答と、
「先生にお任せます」との相方の優しいの声に、
「じゃあ、お好みで食べましょう」と食事開始~

巻き🍣

先付、お造りに始まって握りまで快調に進み、
一本の中に3種類の具材を巻き込んだ巻物も
仕上げはもちろん「玉子焼きをつまみで」、
う~ん、僕としてはもう少し甘くても良かったか。
お酒も昔話も途切れることなく進んで楽しかった
「よし、もう1軒」と京料理で仕上げて解散でした。
あっ、もちろん学会参加が目的でしたので、
白内障手術の勉強もしっかりしてきましたよ

いろんなお寿司の中でも大好きなのがコレ

いなり寿司LOVE

いなり寿司ですね、、3日に一度はこれでOK
少し時間が経過して油揚げがはんなり落ち着き、
甘いご飯がちょうどよく柔らかくなると美味しい。
僕にとって母を思い出させてくれる貴重な一品で、
作り手の想いが感じられると目頭が熱くなります
これもサイコーに美味しかったです

さあ、7月、暑さに負けずに頑張ります

梅雨明けか、、庭の芝生がぐんぐん伸びます

今回は身近な話題をお届けします

さくら2018-6

1才5カ月の愛犬:さくら、トリミング後に一枚
慣れている場所やスタッフの前では元気一杯で、
駆け回っているのが、トリミングの時は静かで、
「借りてきた猫ならぬ犬🐩」のようだとの事です。
素直な視線は時に見ている人間の心を射抜き、
思わず悩みを相談したいくらいの状況もあります。
これからも僕のそして眼科スタッフの相棒として、
元気で可愛くいてもらいたい大切なパートナー
みんなの愛情を受け、スクスクと成長しています

そんなスタッフ(今回7人参加)を連れてランチへ🍣

かんぴょう巻

23日、雨の中、たくさんの患者さんが来院され、
しっかりと診療を終えてから近くの回転寿司へ
「イカ、タコ、キュウリ、、何でもどうぞ」
僕のお勧めに苦笑いしながら向かった先では、
「ボタンエビ!」「マグロ三昧!」と元気な声に、
「ガッテン承知」と店員さんもニコニコ顔でした
誰もが気に入ったお寿司を次々と胃袋に収め、
デザートのアイスも食べてバッチリ栄養補給でした。
♪ おとなのかんぴょう巻き ♪ 僕の大好物のひとつ

食後は眼科にひとり戻り、事務仕事とチェロ

虹

雨上がり、6時過ぎには西の空が夕焼けで明るく、
ふと東側に視線を向けるときれいな虹が🌈
ベランダに出て記念写真を一枚、イイね
その晩「虹がきれいだった」と声をかけると、
なかには「私も撮りました」との返事もあり、
離れていても感性が似通っている人の存在に、
そこはかとなく気持ちが癒されホッコリしました
せっかちDr.Kは刺激を受けると夢がぐんと広がり、
24日は「オーロラが見たい」と旅行代理店へ出陣
いつかこのブログでオーロラの写真を皆さんへ、
首を長~~くしてお待ちくださいね

今週末は有楽町:国際フォーラムで学会があり、
スタッフ2人も参加し知識の底上げを図ります

梅雨時で、どうもスッキリしない毎日ですね

ウィーン紀行から一転、美味しい話を

きんめ煮つけ

行きつけのお店を通じて知り合った皆さんと、
美味しく楽しい夜を過ごしました
牡蠣は時期が終わってしまい残念でしたが、
お造りの盛り合わせに始まり、キンメ煮つけ
好みの握り、大好きな玉子焼きをいただけば、
疲れ気味の心身に新しいパワーが注入されます
ビール、日本酒、焼酎、生レモンサワーと、
アルコールも快調に杯を重ねていきました

「少し2次会も」と、数分歩いて次の店へ

カクテル

誰もお腹はすでに大満足の状態でしたので、
好みのカクテルでサクッと仕上げとなりました🍸
お勧めの桃や李のカクテルは口当たりが良すぎて、
ジュースのように飲めてしまい要注意
硬い話は一切抜きにして趣味の話題を中心に、
本当に心地良い時間を過ごすことが出来ました。
ずいぶん前から友人だったように感じる人達で、
Mちゃん、Eちゃん、Fちゃん、感謝しています
牡蠣のリベンジ、行きますよ~、ヨロシク

5月の和みコンサートの打ち上げも

牡丹

音楽の先生方とは何度も会食していますが、
今回は場所をかえて僕の大好きな中華料理店
どの料理も店主のアイデアが随所に施され、
エビをトマトですっぽり包んだエビチリに始まり、
豚スペアリブ、フカヒレ姿煮、燕の巣のスープ、
仕上げのデザートまでどれも絶妙な料理でした
無理を言って日本酒を持ち込ませていただき、
飲みやすい紹興酒も含め、バッチリ栄養補給です。
先生方には「来年の5月もお願いします」と、
和みコンサート2019の開催依頼も済ませました

難しいオペが続きますが、心身ともに調子を整え、
自分の持てる力で最善を尽くします

このページのトップヘ