KAZUO'S DOOR

見事だったさつきもすっかり終わりました

目下、週末のお楽しみになっています

鎌倉殿

日曜日、遠出をすることがなければ、
18時過ぎに軽く泳ぎ、20時にはテレビの前です📺
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を見続けていて、
史実を勉強しながら良いリフレッシュタイム
三谷幸喜さんの作品という事で注目を浴び、
初回から評判通り見応えある番組になっています。
平安から鎌倉へと時代の変換期も面白いし、
登場人物が亡くなるシーンはとても個性的です
「さて、次は」と翌週へ期待をつなぐ展開に、
ほとんどテレビを見ない僕も常連客の1人です

14日(火)朝、スタッフKさんから渡されました

新聞連載

スポーツニッポンの表紙にE.YAZAWA登場
この日から夏のコンサートまでの3か月間、
デビュー以来の数々の名言を取り上げて、
それを72歳の永ちゃんが振り返る連載です
タイトルは『矢沢の金言 YAZAWA'S MAXIM』
第1回目は「突き抜けるところまで頑張る」を、
矢沢の言葉で表現したもの(写真の2行)で、
ストーンと分かりやすく、迫力がありますネ
毎週、永ちゃんの言葉に接して気持ちを盛り上げ、
8月の国立競技場へ背筋を伸ばして向かいます

月末には音楽雑誌にも登場予定です

YAZAWA雑誌

前回紹介した新作『All Time Best LIVE』や、
ライブにかける熱い想いが語られているよう
あちこちのメディアに積極的に顔を出して、
夏のイベントを盛大に開催してくれるでしょう
永ちゃんの気迫を見習い、負けないように、
僕らしく汗を流して8月28日を迎えたいと思う
24日、仕事帰りに本屋さんで購入予定です

期末試験の一般教養問題です
慣用句

半年前は算数の文章題でしたので、
今回は使用頻度が多い慣用句の復習です
そう思っても、毎回のように珍解答が出てきて、
採点していて思わず笑顔になることもあります
音楽を聞くにもCDを1枚じっくり聴くのではなく、
お気に入りをダウンロードして楽しむ世代には、
慣用句ではなく、非慣用句になっているかも

さあ、今日も朝からバッチリ動いて、
20時にはビール片手に『鎌倉殿~』で一段落

早いもので6月も折り返しですね

忘れた頃にE.YAZAWAがやってきました

矢沢LIVE

今までのライブ映像の中から名場面を選択し、
3(+1) 枚組のDVDとして発売されたのです。
その名もズバリ『All Time Best LIVE
1984年大阪城ホールでの ♪ 棕櫚の影に ♪ から、
2018年東京ドームの ♪ 心花(ときめき)よ ♪ まで、
ファン垂涎の50曲がバッチリ納められていて、
おまけに去年の横浜アリーナ公演での9曲が、
4枚目のディスクであざやかに蘇ります
冬の横浜、、行きました(ブログ:2021-12-30)
8月には新国立競技場ライブに参戦しますので、
それまでに繰り返し見ることになるでしょう
大きな画面で、冷えたビールを片手に、
永ちゃんに酔う夏の夜を過ごしたいなぁ

その永ちゃんがNHKに登場しました📺

ロックの日

6月9日『ロックの日』に、新国立競技場で、
夏の大イベントを控えて現在の心境を語り、
最後にギター1本で ♪アイラブユー,OK♪ を熱唱
デビューから50周年、走ってきた軌跡を振り返り、
「ステージを楽しむ」と話す瞳は少年の輝き
余分な装飾語は必要なく、ただ『カッコいい!』
僕自身も今この瞬間までいろんなことを経験し、
誰にも負けないくらい汗も涙も流してきたし、
「頑張ってるなぁ」と自己評価したいと思う
永ちゃんが国立競技場なら、
僕は高崎芸術劇場大ホールか、夢見るのは無料

少し前に録画した番組を見直しました

まろ

日本のクラシック界で知らない人はいない、
N響コンサートマスターの篠崎史紀さん、
通称『マロ』と呼ばれる名バイオリニストです🎻
独立時計師:菊野昌宏さんとの対談で、
お互いの仕事について興味津々で話されていて、
もう何度も見返しているお気に入りの番組です
篠崎さんからテロップのような発言があり、
身に覚えのある僕としてはホッとした次第です
これからも『素敵な音楽に酔う』つもりで、
様々なコンサートに参加したいと思います

昨日は昼休みに院内の期末試験でした。
頑張って勉強していて、誇らしいスタッフです

     7月、8月の診療案内

  ☆ 7月21日(木) 通常診療

  ☆ お盆休みについて
     8月13日(土) 通常診療(午前)
        14日、15日 休診
        18日(木) 通常診療
 

      
ホタテ

     🌸 木曜日は原則として休診ですが、
   その週の平日に祝日がある時は、
   診療(外来、手術)する予定です。
   事前に院内やHPに掲示しますが、
   受付にご確認いただければ幸いです 

このページのトップヘ