KAZUO'S DOOR

今週は雨の日々ですね、、植物は嬉しいはず

記憶に新しいうちに読んでみました

志村けん本

志村さん急逝のインパクトはとても大きくて、
人々はコロナウィルスに対して危機感を持って、
より慎重に毎日の生活を送るようになりました
テレビの追悼番組をきっかけに本を2冊買い、
コメディアンとして真面目な生き方を読みました。
老若男女問わずに笑えるコントを作るために、
妥協しない努力は「やっぱり」と納得・感心です
きっと何年たっても笑えるコントでしょうね
(僕はひとみばあさんのネタが大好きです)
一本道を駆け抜けた生き様はカッコよく、
永ちゃんの『成り上がり』とも共通点が、、合掌

街から少し離れると、空気に緑の香りが

あやめ

2020年で最も忙しく実り多い5月となるはずが、
皆さん同様、コロナウィルスですべてキャンセル
東北への花見、歌舞伎、劇団四季、弾丸京都と、
休日には予定をびっしり入れていました。
もちろん、メインは13日の『和みコンサート』で、
ポスター、チケット、特製タオルも準備完了し、
演奏する曲も順調に仕上がっているのです
「コンサートを待っていた母が亡くなりました」と、
ご遺族からお電話いただき言葉に詰まりました
僕の喜怒哀楽、いろんな人への愛情や想い、
お世話になった皆さんへの感謝の気持ちを込めて、
11月25日(水)に延期開催できることを祈ってます
近くにせせらぎの音を聞きながら深呼吸でした

自分を鼓舞したくて、あの試合の録画を🏉

ラグビーWC
 
ワールドカップ2019でベスト8初進出を決めた、
スコットランドとの熱い歴史的戦いです
後半早々に追加点を挙げ有利になったと思いきや、
そこからスコットランドの怒涛の猛追が始まり、
全員で戦い抜いて素晴らしい勝利をつかみました
合言葉『one team:ワンチーム』が心に残ります
自分の人生はと視線を転じれば、良い時は少なく、
辛く、耐え忍ぶ時のほうが多いと思います。
コロナ騒動も完全に収まるのは難しいでしょうが、
この禍を試練・我慢の時と捉えて、心の奥に、
これから咲かせたい花の種をまいておきます
昭和のラガーマンの底力、令和の時代に爆発だぁ

今日はチェロと永ちゃん、右手にモルツですね

解除になっても自主的に自粛、、成果は1か月後

今月から復習し始めたテキストと僕の弓です

チェロ教本

チェロの教本の中では古くから認められた一冊で、
ほとんどの人が練習過程でお世話になる、
まさに『聖書』のようなウェルナーの教則本
課題曲の練習と並行してコツコツ進めて、
正確な音程・リズム・弓の使い方を学びます
知識・技術を初歩から改めて確認し直して、
足場を固めて、階段をひとつずつ登りたい
3年間位かけて一通りマスターしたいなぁ
運動、勉強、芸術、、何でも基本が大切で、
白内障手術でも基本となる切開が完璧なら、
メイン操作の前に結果が予測できるくらいです

人の少ない場所・時間帯を選んでサッと散歩

風車

GW用に買った映画『007』シリーズですが、
なかなか2時間座っていられない性分なために、
2~3回に分けて鑑賞しているような状況です
深いストーリーやボンドの超人的活躍はもちろん、
アクションシーンを飾る車がとてもカッコいい
僕もスーツにサングラスで運転してみるか~
チェロの練習など、インドア生活を満喫しつつも、
前回のブログで紹介した日焼け止めを塗って、
マイナスイオンと太陽を求めて相棒と発進
「わー」と走り回った後の笑顔が最高でした
また『密』にならない場所を見つけてみよう

モッコウバラという種類だそうです

モッコウバラ

今回のコロナ騒動は長期戦となりますネ
感染状況を踏まえ、自粛の程度を変えながらも、
今までと同じ生活スタイルは戻るのは難しいかも
長引くと、徐々に人の心にゆとりが減っていき、
「乾燥した人間関係」となる心配があります。
基本理念である『良医良相』に立ち返った時、
新しい価値観の中でも、芯となる姿勢はぶれずに、
コロナ後にも患者さんの『良い相手』でありたい
薔薇の花が目を楽しませてくれる時期ですが、
🌹薔薇には棘(とげ)あり🌹と、ちょっと心に留めて、
何事にも感情的にならずに対応したいものです
華やかさは劣っても、棘のない花が好きだなぁ

さあ、日曜日、チェロの練習に精を出します
タイミングをみて、プチ散歩も行きますが、、
 

   6月、7月の診療案内

☆以下の日は診療します
 
      
    723日(木:海の日)
    
◎ 6月の木曜日はすべて休診

たんぽぽ

     🌸 木曜日は原則として休診ですが、
   その週の平日に祝日がある時は、
   診療(外来、手術)する予定です。
   事前に院内やHPに掲示しますが、
   受付にご確認いただければ幸いです 

このページのトップヘ