KAZUO'S DOOR

3月スタート、、桃の花がきれいですよ

僕の撮った写真でパラオの海を紹介します

バラクーダ

青い海の中層を編隊を組んで優雅に泳ぐのは、
ブラックフィンバラクーダの群れです
「これぞ、パラオだ」と意気込んで隣を泳ぐも、
あっと言う間に離され、後姿を見送りました~
メアジ、インドオキアジも大きな群れで出現し、
これでもかと迫力ある海を演出してくれます
このブログの初回(2012-1-19)で取り上げたのが、
ギンガメアジのトルネードで今回も壮観でした

ギンガメアジ

2枚の写真とも群れを下から見上げる姿勢で、
「凄いなあ」と納得しながら撮りました
デジカメなので精度はこれくらいでご勘弁を。
パラオで最も人気のあるブルーコーナーでは、
こんな大物がうろうろしています

シャーク②

グレイリーフシャークというサメです
この写真には3匹写っています、わかるかなぁ❔
風格あふれる姿はほかの魚とは一線を画し、
海のリーダーにふさわしく堂々と泳いでいます。
片側ばかりに気を取られていると、反対側から

シャーク①

近くを2m超の個体がスーッと泳ぎ抜けていき、
一瞬、視線が合ったような気がしました~
最初は恐々した気分で観察していますが、
段々慣れてきて「近づきたい」と思うようにも
その他にも丸々としたイソマグロ、アオウミガメ、
個性的な風貌のナポレオンなど人気の生物が、
視界のあちこちに現れ、気がつけば40分経過
ダイビングを終了し、ボートへ戻りました。

日本の海でお馴染みの可愛らしい生き物も

チンアナゴ

砂地からにゅーっと体を伸ばすチンアナゴ、
何度見ても飽きない姿にカメラを向けます
スパゲティガーデンイールという名前の、
さらに細長いアナゴの群生も観てきました。
所々にパラオ固有のクマノミの姿もあります
海中での移動中に岩にちょっと目を向けると

カエルウオ

遠くを物憂げに眺める3㎝大のカエルアンコウ
逃げ足が速いので驚かさないように近づいて、
目にピントを合わせてシャッターを押します
ガラスハゼも見つけ、そっと撮ってきました
最後に、写りは悪いのですが、ダイバーが見れば、
「やったね!」と微笑んでくれる1枚です

ヘルフリッチ

水深31mまで潜り、静かに観察してきたのが、
独特の体色と希少性の高さから大人気の魚、
シコンハタタテハゼ、通称ヘルフリッチのペア
(検索して、きれいな姿をご確認ください
長く留まれないので手短に証拠写真を撮ります。
近くにアケボノハゼもいて、心躍る場面でした
今回はマンタに出会えなかったのが残念でしたが、
大物から小物まで、大満足なパラオの海でした
またチャンスを見つけて出陣したい

春休み、新年度、進級、新しい事が始まる時期、
語学講座のテキストをつい買ってしまいます

ダウンジャケットをしまう時期でしょうか

実は先週後半、、海に漬かって来ました

2019パラオ①

まだ夜も明けぬ4時25分、高崎駅東口から、
しっかり防寒して高速バス(アザレア号)に乗車
いつも早起きとは言っても、さすがに早い
成田空港から全日空の直行便で4時間半、
7年ぶりのパラオへ到着しました、気温31度
翌朝、ダイビングショップの高速ボートに乗り、
30分走るとパラオの青い海が360度広がります
「来たなあ」「綺麗だあ」「潜りたい」

2019パラオ②

写真に写っているようなボートで移動しながら、
ダイビング⇒休憩⇒ダイビングと重ねて、
人気のポイントを1日で3本潜るシステムです
ご一緒した中には70代のダイバーさんや、
パラオが80回目くらいという超ベテランもいて、
気力があれば年齢に関係なく海を楽しめます。
水温は27度でパラオにしてはちょっと冷たく、
地球環境が年々変化しているのを実感します
慶応大学ダイビングサークルの2名も社会勉強で、
サポート役をてきぱきと努めていました、立派
休憩時に海風に吹かれて一枚

ボートで

パラオで最も有名なブルーコーナーを潜った後
流れがあり、初心者では難しいポイントですが、
魚影も濃く、水族館の中で泳いでいる感じです
大きなサメや肉付きのいいマグロが堂々と泳ぎ、
カラフルな魚たちが無数に群れて圧巻の景色です
陸では、スタッフとバディ(一緒に潜った仲間)で、
あーだ、こーだと賑やかな夕食会でビールの消費
ベッドに入ればすぐに眠りに落ちてしまいます
プール越しにホテルの外観を

PRR

最終日は体に残る窒素の影響を回避するために、
ダイビングできないので朝一番でプールに入り、
こんな時とばかりにスパで疲れを癒しました
南の海でしっかりリフレッシュできましたので、
その分は今日からの診療で皆さんに還元します

次回、海の中の様子をご報告しますね
 

気温がだんだんと上がってきていますね

Kさんからのお誘いをきっかけに実現しました

TDLコバガン (1)

『そうだ、全員でTDLへ行こう』という内容で、
17日(日)、スーパーサンディを企画しました
新人スタッフ2人は眼科の講習のため無念の欠席、
当日組は7時13分(僕だけ8時14分)に高崎駅を出発、
ヒルトン(!)に前泊した2人と合流して記念撮影
太陽が隠れるとさすがに冷えていましたが、
雨男の影響も最小限で、楽しく過ごせました~
お腹を満たした後でサイコーの笑顔です

ビッグサンダーマウンテンは70分待ち

TDLコバガン (2)

加速とともに頬を打つ空気が刺すように冷たく、
表情が余計にこわばってしまいました
入場者数はこの時期としては少ないようでしたが、
どこもかしこも人だらけ、、変わらぬ人気です
スタッフは夕方のチケットを予約済でしたので、
それまで待ち時間の少ないアトラクションを選び、
全員で童心に戻り、和気あいあいと回りました
僕は一足先に帰路へ着き、18時には高崎へ戻り、
お馴染みの『弾丸TDLツアー』が無事に完了です
スペースシャトル、乗りたかったなあ、残念

ちょっと照れくさいですが、こんな場面も

デール

ディズニーのたくさんのキャラクターの中でも、
チップとデールが僕のお気に入りなんです
「先生、帽子姿で1枚撮りましょうヨ」と誘われ、
売店の商品をこっそり試着して、、戻しました
この様子を不思議そうに見ながら歩く女性2人、
前々日にCLの事で来院してくれていた方で、
ベトナムの話をしたので印象に残っていました。
まさかTDLでこの姿で出会うとは思いもよらずに、
お互い驚いて「え~っ❔」っていう同じ表情に
白衣を脱げば、ディズニーへも行きますよ

TDLでたっぷりとリフレッシュ出来ましたから、
そのエネルギーは診療で患者さんにお返しです。
またチャンスを見つけてみんなで行こうね~
 

このページのトップヘ