KAZUO'S DOOR

西日本の被災地が順調に復興しますように

先月末、定例会でKさんと一席設けました

夏の牡蠣

職場の後輩数名を従えて、装備、スコップを持参し、
豪雨被災地へボランティア活動に行かれました
現地の厳しい生活状況と人々の優しい心遣いを伺い、
僕は「自分にできることをしっかりやるだけ」
この日も冷えたビールと美味しい肴を楽しみながら、
お互いに「YES」と感じられる話が続きました~
ほろ酔い気分で僕の得意技である紙切りも披露し、
クワガタムシには感激の様子(ブログ:2015-9-2)
もともと男気にあふれ、かつ音楽を愛する人物で、
僕が男二人で酒を飲む貴重な友人

そのKさんが「朝からランボーのよう」と

診療前に

写真を見たスタッフOBからはお世辞&好評が届き、
調子にのり体重計で測定した体年齢も知らせたら、
しまいには『キングカズ』とおだてられました
「先生、このチェロにお名前は?」
いつも心にスッと響く言葉をくれるYさんの質問で、
ご自分の楽器には『萬月』と愛称をつけていると
「やっぱりこの名前」という候補をいくつか考え、
何かの記念日に命名することにします
ほぼ毎朝、診療前に2階から聞こえていますよ~

「あーあ」と気持ちよさそうなわんシーン

朝の散歩
 
僕はたいてい毎朝5時には起きていますので、
朝の散歩は全くストレスには感じません。
雨が降っていなければ「さあ、行こうか」と、
自分の健康管理もかねて30分弱のウォーキング
早い時には5時半頃には出発して町内を散策し、
帰宅して汗ばんだ体を水シャワーでスッキリ
散歩の帰り道で大きな欠伸、穏やかな朝でした
ふだんの診療中は院長室で居眠り担当秘書、
昼休みは休憩室でみんなのアイドル、幸せです

まだまだ暑さが続きます、体に気をつけて

暑さが一段落したと思ったら、台風か~

まず前回の続き、京都での蓮の写真を一枚

Drop

大きな鉢の水面に広がる葉を覗いてみると、
水滴が命あるかのように揺れて涼を感じました
水をはじくこの現象はロータス効果と呼ばれ、
食品のパッケージ等にも応用されているとの事
(ちなみに蓮の英訳が lotus:ロータスです)
ヨーグルトを食べる時に汚れのない裏蓋を見たら、
この写真を思い浮かべて「がってん」の一声を
夏の京都、思い出すだけで背中が汗ばみますが、
来年も行きます、、今度こそ比叡山延暦寺か
まずは紅葉の時期を選んで再訪しますネ

22日9時10分、高崎ICから高速へ乗りました

大谷PA

車ディーラー主催のツーリングに初参加です
本隊は9時30分羽生PAに集結して東北道を下り、
僕は次の休憩地点の大谷PAを目指しました。
PA入口が渋滞で「?」と思いつつ最後尾に着くと、
原因はツーリングの30台が入ったためでした。
時間通りの合流となり、担当者とも笑顔で挨拶

ツーリング2018

その後は先導車に続くポジションを与えられて、
長い車列を維持して西那須野塩原ICで高速を降り、
一般道経由で目的のレストランへ無事に到着。
貸し切りの駐車場で全員で記念撮影して店内へ

ここ一番で活躍するYAZAWAフィギュアも同行

デザートAM

食事前に飲んだレモネードが甘くてサイコー
サラダ、スープ、パスタ、魚料理でお腹は満ち、
同席した方とも「車好き」を共通項に話が弾み、
想像以上に楽しい時間となって、主催者に感謝
14時、解散して三々五々帰路へ着きました
次回もスケジュールが合えばぜひ参加して、
車、趣味、ちょっぴり仕事について情報交換し、
異業種の方々から刺激を受けたいと思います。
帰宅し、この二日間のツアーを思い浮かべながら、
少々生ぬるいプールで泳ぎ一段落となりました

台風の被害が少なくて済みますように

記録的な猛暑で夏バテは大丈夫ですか~っ

1年ぶりの企画『そうだ京都へ行こう2018夏』

法金剛院

去年(ブログ:2017-7)、東福寺の青もみじを眺め、
下賀茂神社のみたらし祭りで足を清めてから、
「暑い時こそ暑い京都へ」が頭にありました
友人Kさんのお勧め:比叡山は時間的に余裕がなく、
ガイドブックとにらめっこしながら目的地を探し、
「今年はここ!」と去年と同じ新幹線に飛び乗り、
おなじみの弾丸京都を堪能してきましたよ~

京都駅10時08分着、嵯峨野線に乗り換えて約10分、
花園駅から3分歩いて、法金剛院に到着です

はす

京都でも名高い蓮(ハス)の花の名所のひとつで、
7月7日~29日は観蓮会が開かれているのです
朝開花するので鑑賞には午前中が良いとの事で、
高崎から一直線に向かうもやっぱり遅く、
照りつける太陽に蓮の花もご機嫌斜めでした
それでもいくつかの見事な花を楽しめました
蓮は沼地などの地下に根を張り(蓮根:レンコン)、
支えもなく茎が伸びて大きな花を咲かせます
汗や涙を栄養に変えて、僕もかくありたい

そこから真夏の日差しを浴び約10分歩いて移動

妙心寺

自動販売機で水を買い、日陰を見つけながら歩き、
次の目的地:妙心寺へ到着しました
受付後、ちょうど始まった観光ガイドに合流して、
法堂、鐘、明智風呂などの解説を聞きました。
ここの法堂には狩野探幽の雲龍図が飾られていて、
天竜寺や建仁寺のものとも一味違う迫力を感じ、
350年以上も前の芸術文化の高さに驚かされます
二股に分かれた大きな松がとても力強かった

駅まで歩く気力も失せつつあるところに、
山門前にはタクシーがキラキラ輝いていました

マンゴー

迷わず乗り込むと冷房の空気で汗もサッと引き、
祇園祭の音色が聞こえる川原町へ向かいました
しゃれた外観のイタリアンレストランへ入り、
冷えたビールを2杯飲み、すっかり生き返って、
『鱧の何とか』『からすみのパスタ』を食べ、
上品なマンゴーシャーベットで京都ツアー終了
お土産をちょっと買って足早に駅へ向かい、
16時19分、新幹線に乗り込み高崎へ発進

次回は北へ向かった6時間の旅を紹介します

このページのトップヘ