朝晩はすっかり冷えてきた高崎です。
1年中、半袖白衣で診療していますので、
これからの時期は患者さんに見た目で寒がられてしまいそうです
白いジャケットも持っていますが、10年くらい前に元気なスタッフから
「なんだか漫才師のような、、、」と言われてから着るのを躊躇しています

経過を報告しているエバーフレッシュですが、
ついに赤いさやから黒い実が顔を出しました


エバー実4


赤いさやは表面が凸凹していて、
papilloma:乳頭腫のようでちょっぴりミステリアスな雰囲気です。
黒い実は光沢がありとてもきれいです。
これだけ目立つと鳥に食べられやすく、
その結果、遠くまで自分のDNAを広げられるのでしょうか?
この実をどうしたら良いのか馴染みの花屋さんに聞いてみます。
気がつけば毎日同じように過ぎてしまいますが、
エバーフレッシュの日々の変化をスタッフとともに観察し癒されました

次回は区切りを迎えたコバガンについてお話します