KAZUO'S DOOR

2013年10月

前回のKISS からの音楽ネタつながりで、今回はクラリネットです
苦手な音楽ですが、苦労しながらも1年半経ちました

今月からは半音階の勉強が始まり、
バッハ無伴奏チェロ組曲第1番も続けて練習しています。
思うように指も動かず、口元も緩みがちですが奮闘しています。
この曲は僕の大好きな曲の一つで、
演奏者の異なるCDを何種類も聞いています

CD無伴奏チェロ

カザルス、シュタルケル、ヨーヨー・マ、、、どれも心にしみます
同じ楽譜ですが印象は全く異なり、解釈の奥深さ・表現力を感じます。
そういえば、一昨日のレッスンでも、
「このミが次のファへ、そして次の小節のソに繋がっている」と解説いただいたり、
「リードを確認してみましょう」とナイフで微調整してもらったりと、
『なるほど』『う~ん』と感心することばかりでした
出来の悪い生徒ですが、長く続けていきます

そんな先生ご夫妻と昨晩は楽しいお酒でした

江戸吉箸入れ

木と光で満ちた明るく清潔な空間と
オーナーの手書きイラスト入りの箸入れが迎えてくれます。
お好みのお造りから始まり、どのネタも絶品でした
いつも仕上げはこれです

アナゴ&玉子焼き

煮アナゴと玉子焼き、、、大好物です
このブログでは食べ物の話題は避けるのを原則としていますが、
サイコーの味をちょっぴり伝えたくて一枚
すっかり肌寒くなった晩秋(初冬)の一夜を
先生ご夫妻と共有できて心温まる時間でした。

さあ、今日は楽しみなものが届きますよ


山梨から戻り、一息入れて、武道館へ出陣です

DSC01169


このブログでも何度か取り上げたKISSの日本武道館公演です。
ファンクラブ経由でアリーナ席のチケットを手に入れ、
家ではDVDで気持ちを高めながら、この日を待っていました
オリジナルTシャツに革ジャンで九段下駅に降りると、
たくさんのファンの姿があちこちに見られ、
なかには自前でフルコスチューム揃えた猛者もいました

DSC01194

YAZAWAのコンサートで何度も訪れた武道館です
今回、観客の年齢層はばらばらですが、
やっぱり40代以降が多いように感じました。
開演時間の19時、お馴染みのフレーズの後で幕が降り、
クモをイメージした巨大なセットに乗ってメンバー登場です

DSC01206

初来日で演奏した曲から、最新アルバムの曲まで織り交ぜて、
KISSのパワフルな Rock'n'roll ショーが2時間続きました。
この間、もちろん立ち通し、、、う~ん、一息つけるバラードもほしい
どの曲も力強く、レーザービームと炎を使った演出は迫力にあふれ、
『上を向いて歩こう』を日本語で歌ったりと、サービス精神満点のライブでした
MCの中に「~next year」の一言、、また見られるか

DSC01234

最後に紙吹雪の中で『Rock'n'roll All Nite』を大合唱して、
あっという間の2時間が過ぎました
24日の公演はWOWOWで生中継されたので、
スタッフのOさんに録画してもらいました。
冷えてきた夜をホットに過ごせそうです


週末は年1回の職員旅行でした。
親睦会係の2人のスタッフが企画を仕切り、
世界遺産登録された富士山を念頭に山梨へ行ってきました

午前の診療を終わらせてから、バスに乗り込み出発

DSC01117

3時間弱で宿泊先の鐘山苑(富士吉田市)へ到着です。
管理の行き届いた建物はもちろん、広大な庭園が見所の一つで、
小雨に濡れた木々がライトアップされた景色は見事の一言です
6時に始まった宴会では美味しい料理を満喫し、
活きの良すぎるアワビには驚きました

DSC01139

8時半からはロビーで和太鼓のショーとビンゴ大会が開かれ、
めったに当たることのない僕が「ビンゴ!」となりました
2次会のカラオケではスタッフの新しい魅力が見られ楽しかったです。

日曜日は忍野八海、浅間神社、ワイナリーと見学し、
昼はブドウ園でBBQ&ブドウ狩りでした

DSC01162

ところで、目的だった富士山ですが、、、全く見られませんでした
今年は(も)、行楽でなかなか太陽と仲良くなれないなあ。
今日からは気分一新、温泉できれいになったスタッフとともに
診療に集中します、ヨロシク

10月に入って台風が相次いで発生していて、
今夜からは関東地方も影響を受けそうです

台風の隙間を狙って沖縄へ行ってきました

PA130126


波やうねりがあると船は遠くまで行けなくなるのですが、
今回、ギリギリで慶良間でダイビングできました。
海況が芳しくないので、どの店も同じポイントに集まってきます。
青い海が本当に気持ちいい

PA130255

砂地に点在する岩場ではぐっちゃりの小魚と
黄色い体色に4本縞のヨスジフエダイの集団が見事です
ところで、この魚の縞模様は縦か横か、どちらでしょう?

PA130249

体長に沿って走っているので縦縞が正解です
頭を上、尾を下にして立ち姿を想像するとわかりますね
30~40匹くらいのグループが青い海を漂う姿は優雅で、
追いかけないでぼんやり眺めているのがサイコーです。

もちろん定番の各種クマノミもじっくり見てきました。
やっぱり、カクレクマノミが姿も動きも可愛らしく、
ダイバーには一番人気ですね

PA130286

遠く離れている台風ですが、うねりは強く、
帰りの船はTDLのスプラッシュマウンテンよりも強烈でした。
あ~、酔い止め飲んでおいて良かった

PA120123

夕日で青から橙色に変わりつつある空と、
力強い波で揺れる沖縄の海、、良い旅でした。
もちろん、地元のオリオンビールで水分補給もばっちりでした。
さあ、午後はまず手術、頑張ります

作家:山崎豊子さんが亡くなりました
大学生の頃からいろんな作品を読み、
どれもがその時々の自分の心を揺さぶる内容ばかりでした。
下の写真以外にも『沈まぬ太陽』『華麗なる一族』など、
いまでも僕の書棚に大切に並んでいます

山崎豊子本 (1)


最も印象に残るのは何といっても『白い巨塔』です
本はもちろん、映画、TVドラマのどちらも大切なコレクションで、
今回、まず1966年の映画を見直してみました(写真右)
主人公を演じる田宮二郎はこの時まだ31歳、う~ん、迫力が違う。
白黒映像は最先端の4Kとは違った趣があり、
時に流れる重厚なBGMはゴジラが出てきそうな雰囲気です

山崎豊子本 (2)

自分は財前か?里見か?なんて夢想したこともありました。
TVドラマはDVDボックスで発売されていて、
1978年版(田宮二郎)、2003年版(唐沢寿明)のどちらもですが、
個人的には前者への想い入れが強いですかね

山崎さんを偲んで、この秋、本にDVDにもう一度手を伸ばしてみます。
素晴らしい作品をありがとうございました


このページのトップヘ