KAZUO'S DOOR

2015年04月

やっと春らしい日差しが注いできました

開院記念イベントも好評のうちに幕を閉じ、
僕もコロッケ&ビールでコバガン18才を締めくくりました。
お祝いの品もたくさんいただき、ありがとうございました

18 メッセージ

見事な胡蝶蘭で院内は華やかになり、
クッキー、プリン、ケーキ、ドーナッツ、、僕も職員もにっこり
遠く大阪のTさんから黒豆マドレーヌ、
そして神戸のYさんから高級牛肉まで届き、感謝、感謝
どのプレゼントも味と気持ちを噛みしめていただきました
う~ん、泳ぐだけでは摂取カロリーに届かないかなあ

18周年お祝い

診療の合間にもたくさんの患者さんから、
「おめでとう」「これからもヨロシクね」と励まされました。
白内障手術で視力を回復した89歳の男性は、
「18年、、先生は高校生から働いているんか~」と冗談も
忙しい中にも笑顔で+αの会話を楽しめて、
自分の目指している医師像に年々近づいています

19年目を見据えて永ちゃんの前で一枚

19年目スタート

長いお付き合いのFさんからのメールには、
『ご両親、妹さんも天国から祝福してますね』と心に響いた
たくさんの出来事を体験しながら年を重ね、
「自分なりに頑張っている」という意識よりも、
「周りの力で頑張らせてもらっている」と感じることが多く、
感謝の気持ちを忘れずに自分の道を進みます

19年目、行くよ、行くよ~
 

4月21日、、コバガン18才の誕生日です

これからもしっかり走るために健康チェックも大切です

胃カメラ

人間ドックには毎年入っていますが、
今回、藤岡総合病院で胃内視鏡検査を受けました
担当のM先生は大学ラグビー部の後輩で、
人格・技量とも素晴らしい外科医で、100%お任せです。
「検査中の様子を写真に撮ってほしい」とNsに頼み、
カメラをちょっぴり気にしながらも、
目の前のモニターで自分の胃をしっかり確認です
検査後、M先生の一言「大丈夫です」、、、サイコー

平成9年(1997年)、開院時です

コバガン1997

『良医良相』という基本理念を掲げ、
生まれ育った高崎の眼科診療の一助として開業しました。
両親から授かった自分自身への挑戦でもありました
色んな個性の仲間が集い、その魅力が輝くように願って、
木とガラスとコンクリートを均等に配置した外観としました
患者さんからの熱い視線とたくさんの胡蝶蘭に囲まれて、
血圧上げながら診療した初日の気持ちは今も忘れません。

平成20年(2008年)夏に外装リニューアル

コバガン2008

ナチュラルからモダンへ
スタッフの入れ替わりもありますが、
いつの時でも素晴らしい仲間と一緒に仕事ができて感謝
昨日は10年前に働いていた智ちゃんも来てくれて、
お互いに「変わらないね~」と楽しい一時でした。
カルテの番号も67000番に近づき、18年を実感しています

締めくくりは永ちゃん風に、、
みなさんのおかげで18才になりました~
診療もクラリネットもバタフライもまだまだやりま~す
20年目にはもう一発大きな仕事しますから、
楽しみに、ヨロシクッ、サンキュー  
 

変わりやすい春の天気に惑わされる毎日です

新年度ですので『新しいもの』を紹介します。
まずは初めて行ったお店です

かえんメニュー

昼のお弁当を頼んでいる「かえん」というお店で、
夜の営業がメインという事でスタッフ6人と一緒に初陣
どの料理にも細かな心配りが感じられ、
最後に食べた4種類のチャーハンまでペロリと完食でした。
心遣いはメニューにも
コバガン建物の写真を取り入れて作ってくれました

クラリネットは新しい楽譜を渡されました

Bach チェロⅢ

バッハ無伴奏チェロ組曲第3番からPreludeです
上達具合は相変わらずですが、
新しい課題が目の前にぶら下がると気合も増しますね。
僕にしては長く続いている趣味のひとつになっているので、
何とか克服してみたいと思います

新しいものシリーズ、最後はこれです

寿司げた

大好きなお寿司屋さんの寿司下駄が新調され、
第1号で使わせてもらいました
握ってもらうネタはだいたい決まっていますが、
軽く炙った肉厚のホッキ貝が甘くてサイコーでした。
来月は自分の誕生日祝いも兼ねて、
クラリネットの先生をお誘いして冷えたビールを検討中

21日でコバガン18才、これからが青春です
 

すっかり衣替えが済んでいる人(僕も)にとって、
「花冷え」がピッタリ過ぎるほどの1週間となりましたね

90歳の患者さんから貴重な資料を見せていただきました

召集令状

終戦1年前、19歳の時に届いた召集令状と、
出兵前の決意を綴った一文です
私も含め戦争を知らない世代には想像もつかない状況と、
学識豊かなお話に感服し、ご苦労話を暫し傾聴しました。
今も世界のあちらこちらで争いは絶えることなく、
心が痛むと同時に、平和な日本に感謝です

その戦没者慰霊のために天皇・皇后両陛下が、
1泊2日の強行日程でパラオ共和国を訪問されました

P1071857

このブログの記念すべき第1回(2012-1-19)の話題が、
初めて行ったパラオの海を取り上げたものでした(同じ
写真は圧倒的なスケールで泳ぐギンガメアジのトルネードで、
他にもバラクーダ、サメ、ナポレオン、、、豪華な海でした。
宿泊したホテルに併設のダイビングショップを利用したので、
部屋と海の往復だけのまさに海三昧の旅でした

写真を見返してみると、素晴らしい海の場面はもちろん、
ボートで浴びたしぶきの感触も、冷えたビールの味も蘇ります。
海から突き出たマッシュルーム型の小島が集まる景色は、
ダイビング前後の移動中の最高のオプションです

パラオの海

今度パラオで潜るときには、戦争・慰霊に少し想いをはせ、
自然の豊かさを再認識する貴重なダイビングにしたい
両陛下が訪問されたペリリュー島にも行ってみたい。
さあ、いつ行くか、、、

まずは毎日の診療にしっかり臨みます

今日から学校も始まり、本格的に新年度スタートです

この季節は桜を満喫しておきましょう。
いつもより早く家を出て、通勤途中の川沿いでプチ花見

2015桜A

車で通り過ぎてしまうのがもったいない。
それでも、朝の8時前からカメラを構えているのは僕だけで、
犬の散歩をする人と「きれいですね」と挨拶を交わしつつ、
お気に入りの構図を探してウロウロしていました
15分程度の寄り道ですが、朝から桜の美しさに癒されて、
穏やかな気持ちで診察がスタートします

ソメイヨシノの淡いピンクは白に近く、
デジカメ(僕の技量)では魅力を写しきれませんね。

2015桜C

「満開」を言い表す適当な語彙が思いつかなくて残念
「咲き乱れる」は桜にはしっくりこない。
実がたくさんついて枝がしなった様子の「たわわに」が、
ピッタリと当てはまる重量感のある桜です

青抜きが狙えない天候であれば、時間をずらし黒抜きで

夜桜2015

フラッシュを当てれば淡い色が出ず、
フラッシュ無しではシャッター時間が長く手持ちでは厳しい
それでも自分なりに満足の1枚になりました。
少し肌寒く感じる風の中、夜桜をしばし楽しみました

毎年、短い期間ですが桜を愛でて春を感じ、
自分自身もコバガンも新しいスタートを切りました。
2週続けて少し緊張するオペがあります、、、決めます

このページのトップヘ