KAZUO'S DOOR

2015年09月

ラグビー:スコットランド戦はミスが目立ち敗戦、、残念
週末3日のサモア戦での快勝を期待します。

お世話になっているアートギャラリ―Yさんのお勧めで、
秋の気配が色濃くなった軽井沢へ行ってきました

千住博美術館
 
連休中で軽井沢はどこも混みますから、
朝7時半に家を出発し国道18号を順調に進み、
まずは軽井沢プリンスアウトレットで軽~く買い物です。
自分なりに納得の品物をゲットできました
11時には大渋滞を逆走するようにプリンス通りを南下し、
南軽井沢交差点を西へ約3㎞走れば千住博美術館に到着
たくさんの種類の緑に囲まれた明るいモノトーンな建物です。

迫力ある作品群の中でも代表作『Water Fall』は圧巻です

Water Fall①

詳しくはHP等でご覧くださいね。
作品と館内外の緑が同時に視界に入るような設計なので、
より自然を感じながらじっくり鑑賞できました
宇宙さえも感じさせる『タイドウォーター』や
静寂と優しさが共存する『星のふる夜に』も魅力的です。
原画は全く手が出ませんから、
せめてリトグラフを1枚、診察室に飾りたいなあ

特別展示室である『The Fall Room』はさらに迫力満点

Water Fall②
 
暗く広い空間に水をたたえた床を設営した巨大な作品と、
ブラックライトを駆使した幻想的な作品が見られます
静かな音楽でも聞きながら、無心で過ごしたい時間です。
いやあ、目にビタミン補給できました
老舗のパン屋さん:浅野屋のカフェが隣接していて、
お土産を選んだ後にランチプレートを食べてきました。
もう少しのんびりしたかったなあ、、また行こう。

気がつけば9月もあと少し、
来月は沖縄への職員旅行が待っています。
みんなで協力して走り続けようと思います
 

連休も今日で終わり、明日から診療再開です

お彼岸は例年通りに穏やかに過ごしていますが、
思わず熱くなってしまいました、、これです

南アフリカ戦勝利

20日未明、ラグビーワールドカップ初戦で、
優勝候補のひとつ南アフリカに劇的な大逆転勝利です。
集中力を欠くことなく一丸となって攻め、守り、
後半最後の20分間はまさに手に汗握る展開となり、
ロスタイムでの逆転トライは久しぶりに鳥肌が立ちました
論評はそれぞれ専門家にお任せしますが、
最後のペナルティーでトライを狙った15人には大感激
『虎穴に入らざれば虎子を得ず』

試合後にはテレビ各社で多くの特集が組まれ、
NHK『アスリートの魂』では主軸の五郎丸歩の番組も

五郎丸歩

努力し続ける才能と次を目指す目的意識が素晴らしい
ペナルティーゴールを狙う際には、
周囲を忘れて自分&ボール&ゴールに集中して、
決まったルーティンで右足を真っすぐに蹴り上げます。
イチロー選手の打席でのルーティンも有名です。
僕もオペ前には同じ仕草、イメージを意識しています
Yes、同じことをしっかりと繰り返せるのが大切なんです

大学時代を思い返して引っ張り出しました

ラグビースパイク

大学6年生の時に履いていたスパイクで、
たくさんの思い出が詰まっている僕の大事な宝物です
お気に入りのジャージももちろん保管してあります。
青空の下で楕円のボールを追って走りたいなあ
まあ、実際問題として10分も走れないでしょう
この秋、後輩達の試合観戦にでも行ってみます。

今夜は第2戦のスコットランドとの試合で、
いつもは早寝ですが、正座でTV観戦となるでしょう
明日の診療、スタッフのフォローが必要です 
 

15日(火)夜はスタッフ全員で中華料理を楽しみました

前回の続き、4本目の海です。
奄美大島のナイトダイビングで見たのが、
:Mandarin fishのペアです

ニシキテグリ奄美
 
枯れたエダサンゴの隙間をかくれんぼをするように歩き、
なかなか姿(体長4~5cm)を見せてくれません。
刺激しないようにうす暗いライトでじっと観察していると、
メスを追いかけていたオスが体を寄せ()、
そのままペアで30cmくらい浮き上がり、パッと離れます
初めて出会った産卵シーンでした
自然の貴重な場面を見た喜びを胸に、
すっかり暗くなった海をあとにしました
器材を片付け、ホテルで食事⇒爆睡でした

翌日はレンタカーで島の北半分をドライブ

夢かめ

島の北東からは太平洋と東シナ海を同時に見ることができ、
笠利崎灯台近くではこんな大きなカメを発見しました
う~ん、そういえばウミガメは見なかったから、
このリクガメでOKとするか。
山道で車にひかれたハブに驚き、
珍しい蝉の鳴き声を聞き、空を舞うトンボを見て、
地元のスーパーでお土産を買い、120kmのドライブ完了

青い空、青い海、サイコー

YAZAWA奄美

広大な海を眺めていると気持ちがリセットされ、
積み重なったストレスがいくらか軽くなった気もします
音楽もダイビングもプールも、どれも素晴らしい。
「冬はザトウクジラも見られます」というお誘いに、
スノボか、クジラかと悩みながら空港へ向かいました。
朝6時出発、翌日20時帰宅の『弾丸:奄美大島』でした

明日からシルバーウィークというより「お彼岸」で、
僕は亡くなった家族を想って静かに過ごします。
次回は連休明けに
 

14日はYAZAWA66回目のバースデー、おめでとう、ボス
来年またビックな企画をお願いします。

学生さんやビギナーの方で混む時期を外して、
奄美大島へ10か月ぶりのダイビングに行ってきました
「まずコイツをじっくり見せて~」とお願いして1本目潜降

ハナヒゲウツボ奄美

お馴染み(?)大好きなです
海の中で見るこのブルー、文句なくきれい
大きな口をパクパクさせながら不規則に動き、
近くを通る小魚を狙っています(効率悪そう)。
「しばらくここにいます」とガイドに合図を出し、
いろんな角度から写真や動画を撮影してきました。
今度、動画をアップできるように検討してみます

ボートに乗り、ポイントを移動して2本目

ガラスハゼ奄美

ガラスハゼといいます。
海底の岩場に木の枝のように生えるムチカラマツに住み、
透き通った2~3cmの体でちょこまか動きます。
止まった瞬間に下からあおってパチリ、、イイ感じでした
紫色のきれいなハナゴイが群れていたり、
エビやカニをのんびり観察して、60分間の海の世界

3本目に再度ハナヒゲウツボに会いに行くも不発で、
無念さを隠しながら日没間際の海へ4本目

ナイト前に


「小林さん、弾丸合宿ツアーですね」と言われながら、
日没20分後に見られることの多いシーンを目がけて、
ライト片手にゆっくりと潜降していきます
狙いはただ一つ、、次回のお楽しみに。
何だか安いTVドラマみたいな終わり方で恐縮です

9月に誕生日を迎えたスタッフが3人、
女性として医療スタッフとしてさらに成長していくでしょう
 

やっと太陽が出ました
東京ドームが一段落し、診療に全力集中です

今さら『2015年の色』というには遅いタイミングですが、
今年はBlueを意識して過ごしています。
まず、新しく使い始めた水着

水着 ブルー
 
先月30日に東京キャピトル東急で屈折矯正の学会があり、
「頭を使ったら体も」ということでプールも満喫しました
今までの赤いラインの水着から青へ変更して、
知識だけは満点のバタフライで気持ちよく泳ぎました~
まあ、朝の6時40分に泳いでいるのは僕一人でしたが
次回はもう少し短い水着に挑戦してみようかなあ。

写真は車のシートです

Q

ライトグレーのレザーに青いステッチを施し、
イメージはグレースーツ+白シャツ+青ネクタイの服装
車内で聴くのはもちろんYAZAWAで、
バリバリのロックもイイですが、バラードも魅力満点です
クラリネット協奏曲なんかも聴いて耳で勉強もします。
キーホルダー、、安心してください、青です

Japan Blue と命名された腕時計も登場

Japan Blue

インデックスとリューズ部分にネイビーブルーが使われ、
White&Black の硬質な雰囲気に爽やかさが加わります。
ベルトまで青では少々軽い感じになりますし、
白いベルトでは力強さが損なわれてしまうでしょうか。
このピンポイントのブルーがベストマッチングですね
腕時計に限らず、極めた作品はどこから見ても美しい

週末は久しぶりに塩水でも浴びて、
秋雨でジメジメした心身に喝を入れてみます
 

このページのトップヘ