KAZUO'S DOOR

2016年12月

みなさんの2016年はいかがでしたか~

25日、朝起きてから20分でエンジン始動、
新しい板の滑り初め&今年の滑り納めに出発しました

GNU初陣

沼田市のたんばらスキーパークです
夏はラベンダーが有名です(ブログ:2016-8-4)
神田のお店で「楽しく滑れて遊べますよ」と説明を受けて、
GNUというブランドのボードを買いました
ご覧のようにゲレンデは真っ白の新雪が積もっていて、
快晴の下、気持ちよく2時間滑ってきました。
板の違いがわかるほど上級者ではなかったかなあ~

26日、今年のクラリネットのレッスンが終了

分散和音

「前にも練習した分散和音をもう一度復習して、
 指の動きやリズム感を養いましょう」と先生
8分の6拍子、僕はちょっと苦手で、
年末年始も途切れないように練習を続けます。
バッハやビバルディの楽曲も続けていて、
来春にはお披露目できたらいいなあ、皆さんお楽しみに

28日、診療後に昼食に年越しそばを食べ、
夜は高崎駅ビル内のメトロポリタンホテルで忘年会

2016忘年会

毎年、はじめに集合写真を撮り、挨拶、乾杯と続きます
しばらく賑やかに過ごし、来春就職予定者の紹介や、
今年の3大イベントを発表しました
弾丸金沢旅行が第1位、、来年はたくさんの企画を計画中
先輩達にリードされ、新人2人も立派に成長していますので、
ご家族の方、どうかご安心ください
2次会の海鮮料理屋を出た頃には29日でした。
みんな遅くまで疲れさま、サンキュー

大好きなコラボ写真で2016年の締めくくります

玉子焼き

同じ志で頑張ってくれた魅力的なスタッフ、
素晴らしい患者さんや関係者の方々、
皆さんに支えられて2016年が無事に終わり、感謝です
本業(眼科医です)、クラリネット、バタフライ、
ダイビング、スノーボード、そしてYAZAWA
亡くなった3人の家族の分もたくさんの事に挑戦して、
また会う時に色々な体験を話したいと思っているのです
2017年も転ばないように走ってみます

クラリネットがらみの新作タペストリー㊙が、
1月4日から診察室でお待ちしていますよ~
みなさんが素敵な新年を迎えられますように

Merry Xmas 、、
「クリスマスだから~」っていうのがピンと来ませんが

冬休みの学生や家族連れで混雑する前に、
一足早くクリスマス気分を味わってきました

シンデレラ城

21日(水)午前のメッチャ忙しい外来を仕上げてから、
車に乗り込み、パンを頬張りながら関越道を走り抜けます
目指すはご存知の東京ディズニーランドです
10年振りとなるJさん、年2回は通うAさん&Oさんと一緒に、
「行くかっ❕」と弾丸ツアーを決行したのです。
首都高速の渋滞をTDLに対する脳内麻薬で乗り切り、
夕暮れ前にはシンデレラ城に着きました

最初は『プーさんのハニーハント』へ

プーさん

僕は待ち時間がとても苦手なタイプなので、
チュロスを求めて薄暗がりをさまよいました
順番待ちの列に合流した時には少し冷えていましたが、
シナモン味のチュロスでちょっぴり糖分補給
アトラクションを楽しんで、お土産も調達、すぐに移動です
以前より速くなったスペースマウンテンでストレス発散し、
夜のジャングルクルーズを初体験し、
野菜カレーでお腹を満たせば大満足です

夜のパレードを見たのは本当に久しぶりです

TDLパレード

ライトアップされたシンデレラ城を視界にとらえながら、
ビッグサンダーマウンテンで仕上げです
いやあ、昼間とは一味違う乗り心地で楽しかったなあ
4人が皆、それぞれの想いを心に浮かべながら、
TDLで爽やかな時間を過ごすことが出来ました。
8年半前、隣のディズニーシーへ行った時には、
とても辛い心境(立場)を隠し無理して笑っていました
今回、コバガンスタッフの笑顔のおかげで、
その傷が少し癒えたような気がしています、感謝します

昨晩はYAZAWA+車談義で冷えたビール、
今日は朝から新しい板でサクッと滑り、午後からは日曜出勤
明日は今年の最終オペ、バッチリ決めます

寒波襲来でスキー場ではホッと一息でしょうか

日曜日のお決まり、『吹いて、泳いで、真田丸
18日、この生活パターンにも遂にピリオド

真田丸最終回

最終回を涙をにじませながらしっかり見届け、
14日のYAZAWAに続いて、また僕の2016年が一段落
1月10日の放送開始以来ずっと見続け、
ドラマの進行に合わせて各地へせっせと出かけ、
その様子は時々のブログでも紹介してきました
3月:松代、4月:上田、6月岩櫃山、8月:沼田、
9月:犬伏、11月:大阪(冬の陣)、どこも素敵な思い出
新鮮な気分で所縁の地を巡ることが出来ました

この流れを大切に守り、最終回を待たず出陣

安居神社

冷えた空気を頬に感じながら最寄駅から歩くこと数分、
閑静な住宅街の中に、幸村終焉の地:安居神社です
左に幸村公銅像、右に記念碑、
中央に見える大きな木が『さなだ松』です。
ドラマの中で「ここまでか」といったポーズと似ていますね
訪れる人は皆一様に無口で、静かに参拝していました
あっ、参拝前に手を洗うのを忘れた

近くの一心寺で迫力満点の山門を楽しんでから、
天王寺公園内の茶臼山へ向かいました

茶臼山①

冬の陣では家康が、夏の陣では幸村が本陣を構えた場所
小高い丘の頂上に掲示板や六文銭の上りが立ち並び、
6月に汗をかいて登った岩櫃山を思い出しました。
う~ん、ここから互いをにらみ合っていたのか
公園南側、市立美術館に通じる和気橋には、
青空を背景に真田丸の赤い旗が風に揺れていました

「ここで戦国最後の戦いか」と想いを募らせ、
冬の日差しを浴びながら天王寺駅へ向かいました

あべのハルカス

目指すは高さ300mのあべのハルカスです。
高速エレベーターで60階(ここは288m)へ上ると、
360度見渡すことのできる天井回廊があります
大阪を一望できる絶景スポットで、
天気が良ければ京都タワーまで見えるとのことです
写真中央左の森が見てきたばかりの茶臼山で、
拡大すると橋の両側に赤い旗も、、少々わかりにくいか
慌ただしく高崎へ戻り、ひと泳ぎ⇒

真田を訪ねる『ブラカズオ』も最終回となり、
素晴らしい大河ドラマと過ごせた1年間に感謝です
さて、来年はどうしようかな~

外来で「先生は動き過ぎだ、気をつけて」と、
Tさんから母のような言葉をかけてもらい、感謝します

お待たせしました、YAZAWAの話です

2016トランポ

14日(水)診療後に、正装に着替えて武道館へ向かえば、
「いよいよ武道館かぁ」と新幹線の中で気持ちは高まり、
九段下駅からはステップ気味の足取りです
日が暮れないうちにトランポの前で
2016年を締めくくる晴れ姿、いかがでしょうか
記念グッズ売り場でビーチタオル等を買い、
臨戦態勢バッチリで開場・開演を待ちます
(時間が余ったので神田でスノボ買いました

入場時、スマホに座席が表示されます

BUTCH ハット

武道館は傾斜の強いすり鉢状なので、
どの位置からもステージが見やすい設計です
今回はステージ正面の2階席前から2番目で、
思わず「見やすい位置だあ~」と含み笑い
30分前になるとあちらこちらで『永ちゃんコール』が始まり、
ちょっとずつ心拍数が上がっていきます。
持参のパナマ帽に今年のフィギュアを乗せてパチリ

買ったばかりのタオルを広げて

BUTCHタオル

偶然にも、わずか十数席離れた場所に、
僕のブログ読者のYさんとお友達がいらっしゃいました
挨拶を交わし、一緒に記念撮影し、
開演前のドキドキ感を共有できて嬉しかった
19時、スポットライトの中に登場した永ちゃんは、
ロックからバラードまで2時間たっぷり魅せてくれました
LEDや巨大スクリーンを駆使した演出も
今年を思い返しながらタオルを舞い上げて、
永ちゃんの「ありがとう~」で一足早く2016年が終わり

武道館参戦、、来年もかないますように

2016武道館

興奮冷めやらぬままゾロゾロと会場を出ると、
冷えた空気が汗をかいた肌に刺激的です
「よし、俺(私)も自分らしく走り続けよう
この夜、永ちゃんからパワーをもらった1万人が、
同じ想いでそれぞれの家路についたと思います。
新幹線では缶ビール(モルツ)とサンドイッチで乾杯して、
夢のような半日があっという間に過ぎました

週末、今年の課題をもう一つ仕上げて、
28日の忘年会まで、このまま走ります
 

掛け布団カバーを冬用にしたら、
温かくて眠りが深くなったような気がします

14日昼、出陣の時を刻一刻と待っています

2016パナマ

今年、真田丸に熱が入ったからと言って、
あの真っ赤な『二鹿角脇立之兜』をかぶるわけではなく、
大切にしまってあるボリサリーノのパナマハットの登場です
白スーツ、白い靴、白いサスペンダー、すべて準備完了
診察室にかざってあるタペストリーの格好そのもので、
新幹線に乗り込み、「目指すは武道館ただひと~つ」と、
YAZAWAと真田丸が融合した気持ちです
今年のツアー♪BUTCH♪はどんなステージになるのか

この1ヵ月、毎晩の予習もバッチリです
(どのDVDも何度見たことか、、)

Z in 東京ドーム
 
去年の東京ドーム公演での入場シーン
場内をオープンカーで一周してからステージに上がり、
大音響のビートの効いた音楽で始まりました。
DVDを見返すと、あの時が蘇ります(ブログ:2015-9-7)
アリーナ席後方で実物はほんの小さく見えただけでも、
YAZAWAの音楽と5万人の熱気が気持ち良かったあ~
記念のグッズ、行列に2回並んで買ったなあ

今回も公式HPで注意事項のお知らせ

コンサート前に

「ハッピーなコンサートにするために」と題して、
入場者に対して事前の注意を促しています
タオル片手に立ち上がって「永ちゃ~ん!」と叫ぶ一方、
バラードでは行儀よく着席して聴いています
永ちゃんの想いをしっかり受け止めていて、
気持ちよくサイコーな2時間半になっています。
僕にとっては「頑張った自分へのプレゼント」の時間で、
きっと誰もが同じような気持ちで集まっているはずです

さあ、外来も大切な面談も無事に終わりました。
自宅でバシッと着替えて、行ってきま~す
 

このページのトップヘ