KAZUO'S DOOR

2017年03月

年度末、、どの会社も忙しい時期です

桜の開花宣言が続く中、26日に花見です

箕郷梅林
 
と言っても、桜ではなく梅の花です
群馬県の三大梅林のひとつ、箕郷梅林で傘を片手に、
満開を少し過ぎた梅の花を楽しんできました。
展望台からは高崎市が一望のはずですが、
あいにくの天気でちょっぴり残念でした
梅の花の香りを含んだ冷えた空気で鼻はスッキリ、
体が冷えてきたので早々に次の場所へ移動

梅林から車で10分でこの日の目的地到着

いちご部①

釣り部メンバーが昨年9月以来に集まり、
いちご部として楽しく美味しいいちご狩り🍓
冷たい小雨が降っていましたが、ハウス内は快適。
「思いっきり食べるぞ~」と気合十分な出陣前
たわわに実った甘いイチゴを手際よく取って、
そのままで、練乳で、生クリームでと黙々と口に運び、
仕上げにケーキとミルフィーユで満腹な部活動でした
それにしても、誰か雨女がいるのか~、、僕か

イチゴつながりでサイコーの写真を

イチゴ&Y

職員Aさんのお母さんからイチゴの差し入れがあり、
みんなで美味しくいただきました
Aさん:先生の分はお皿に用意しておきました~
手術後、夕方の休憩時間に見てみると、
花弁のように綺麗に盛り付けてあり思わず笑顔です🌸
こうした優しい心遣いは日頃の仕事でも垣間見え、
きっと患者さんへの対応にも出ているはずです 

さあ、いよいよ4月、新しいスタートの時期です。
1日には素敵な発表をします、お楽しみに
 

冷たい雨が花粉を洗い流してくれそうです

僕にとっては都会のオアシスとなっています

DM天井

東京へ出る機会があれば少しだけでも立ち寄るのが、
YAZAWAのお店:Diamond Moonです
このブログでも何度も取り上げていますので、
「また行ったのか」と思う方もいることでしょう
入口までの細長い通路の天井を見上げると、
シルエットが夜空に星とともに浮かび上がっています
ライブ映像を見ながらモルツ&ピザで休憩を取り、
心地良い時間を過ごし、東京駅へ向かいました

22日、今シーズンの終わりとしました

軽井沢2017-3

水曜日午前の診療を終わらせて山を見ると、
新潟方面は暗かったので、軽井沢へ向かいました
雪は解け気味でシャーベット状の斜面でした。
それでも「これで滑り納め」と息つく間もなく滑り、
自分なりに納得の90分間となりました
新しい板で臨んだ今シーズンはこの日で閉幕とし、
待ち受ける大きな仕事に全力集中したいと思います
今年は5月にイベントやりますよ~

「定例会としよう」の約束通り1か月ぶりに

大好物

地蔵院を教えてくれたKさんとです
音楽、京都などの話はとても興味深く、
お互いに感化し合える人と酒を交わすことは、
すごく頑張った1週間のご褒美となりました。
この日封切りとなった「キングコング」も満足で、
吹いて、泳いで、玉子焼きとサイコーな1日でした
もちろん、来月も一緒に飲みます

雨にも負けずに今日はスタッフと部活動、
次回、ご紹介しますね。お楽しみに

暑さ寒さも彼岸まで、、春近し

毎年この時期はK病院で人間ドック検査です

洗面所!

胃カメラで自分の胃の映像を見ながら、
「何もありませんように」と心拍数は高まり、
採血でシリンジに血がたまる様子を見ていると、
何となく気分がホワーッとしてきます
この病院では細かい気配りが徹底していて、
患者さん(お客さん)へのスタッフの対応はもちろん、
洗面所ひとつを見てもその姿勢を感じられます
21年目、コバガンもこうありたいと思います

そしてこの時期には衣替えもしますネ

水着衣替え

日に日に太陽の勢いが増してくると、
もう冬物のダウンやニットの洋服では違和感があり、
少し寒くても春らしい洋服がいいですね
日頃一番お世話になっている水着を、
新しいもの(色違いですが)に替えました
クラリネットのリードも新しいものにすると、
僕くらいのレベルでも何だか感じが違います
そうだ、トートバッグも黒からベージュに替えよう

そうそう、湯沢高原のおまけ写真です

足跡🐇

 
ゲレンデはしっかり圧雪してありますが、
コース外に視線を移すと可愛らしい足跡が
足跡の主の姿は見ることが出来ずに残念
月明かりの下でピョンピョン跳ねている姿を想うと、
いい年齢の僕でも気持ちがホッコリします。
学校医をしている小学校の🐇は元気かな~
🐇つながりで奄美大島へも行きたくなった~

お彼岸やお盆は僕にとって特別な時間で、
亡くなった家族を近くに感じ穏やかに過ごします 
墓参り、、きれいになって嬉しい
 

衣替えをどうするか悩ましい天候ですね

12日(日)、のんびり休日にしようか迷いつつ

湯沢高原2017

前日にメガネ・CLの事で来院されたYさんからの、
「ブログ読んで元気もらいました」の声を思い出し、
「行くしかない」と方針を切り替えたわけです
関越道を北上、白い谷川岳が近づくと気持ちが高まり、
ついアクセルも、、安心して下さい、踏み込みません
約1時間で目的地:湯沢高原スキー場へ到着、
TV東京のアド街ック天国でも紹介されましたネ
きれいに圧雪された朝一番のゲレンデを背景に

その湯沢高原の名物と言えば

湯沢ロープウェイ

世界最大級(166人乗り)のロープウェイで、
麓から一気に標高870mまで登ります
この日は8時40分の始発に乗り込んで、
いつものように休みなく2時間滑り続けました
10時頃にはゲレンデの状態も快適となり、
リフト待ちなし、天気良し、行って良かった
麓までは幅の狭い斜面を2000m滑り降り、
お国自慢の越後タレカツ丼で仕上げ、眼科へ直行

素晴らしいシーンに出会うことができました

丸い虹

山頂へ上がっては、眼下に広がる越後の雪景色を眺め、
一気に滑り降りる、、これを繰り返すこと数回、
「少し雲が出てきたかなぁ」と空を見上げると
「おーっ、これは」と慌ててスマホを構えました。
逆光で眩しくて上手く撮れるのか心配でしたが、
トリミング無しでバッチリの1枚がありました
どういう現象なのか気象学的に調べてみると、
日暈(ひがさ)・光環・コロナ等の専門用語が並びます。
しかし、僕は単純明快に『』と考えたい
月を愛でるMさん、人生の岐路で奮闘するYさん、
僕の写真に語りかけてくれる多くの患者さん達、
小林眼科を愛して支えてくれる皆さん達、
スタッフ&自分自身へ「幸運の兆しだよ~

自分の道を真剣に考えています。
でも、まずは自分らしく走ってみます

庭の芝生も少しずつ色づき始めてきました

で有名な場所は?」と友人に訪ねたら、
京都の地蔵院が素晴らしい場所だと教わりました

地蔵院

一休禅師が修養され、細川家所縁の禅寺とのこと
改装中で本堂は拝見できませんでしたが、
物音ひとつなくシーンと静まり返った空間で、
天高くそびえる見事な竹林に囲まれて、
マイナスイオンを体いっぱいに浴びてきました
休止中の抹茶サービス代わりの絵葉書もサイコー
「竹」は『和』の精神を反映する素敵な素材で、
出来ることなら身近に植えて眺めたいなあ。

地面のコケとのコントラストもきれい
(う~ん、写真だと伝わりにくいか

配色の妙

この写真を見ながら少々語ってみると、
トーンの違う同色(緑色)を単純に並べるよりも、
間に他色(セパレートカラーと呼ぶ:土の茶色)を挟むと、
互いの色が引き立って印象深くなり、
対照的な2色を配置する時にもこのルールは有用です
と、カラーコーディネーター試験で勉強しました
きれいな景色にちょっとの知識を足すことで、
より鮮明に記憶に残る場面となりました

その地蔵院の近くにある人気の妙徳山:華厳寺

鈴虫寺

鈴虫寺と言えば「あッ!」とおわかりでしょうか
テレビや雑誌で取り上げられることも多く、
数千匹の鈴虫の音色に包まれながら、
住職のわかりやすい説法を聞くことが出来ます。
参拝客が絶えず、5月の連休は2~3時間待ちだそうで、
まさに「行列のできるお寺」となっています
いやあ、関西弁を駆使した話し上手な和尚さんで、
過去にとらわれて無駄な時間を過ごさずに、
貴重な‟今”を積み重ねて前向きに生きる大切さを再認識
悩んでいる気持ちにサッと爽やかな風が吹きました

週末を利用した院内改装も順調に進んでいて、
設備も気持ちも新鮮さを無くさずに頑張ります

このページのトップヘ