KAZUO'S DOOR

2017年09月

暑さ寒さも彼岸まで、、寝具を秋用にしました

先週は神戸のYさんが群馬まで来てくれて、
いつものお店で近況報告会となりました

兜焼き

迫力ある姿は、『明石の鯛』のかぶと焼き
いろんな食材をつまみながら酒と話は進み、
男2人で気兼ねのない楽しい時間を過ごせました。
大好きな玉子焼きが切れていて、それが心残り
場所をYAZAWA色の濃い日本酒バーへ移し、
趣味の事、互いの悩みなど男子トーク2時間
今度は京都あたりでじっくり飲みたいものです
お土産にお菓子やオリーブオイルをいただき、
地元の名品:丹波黒豆の甘納豆も美味しかった

その豆つながりで、お彼岸はやっぱりこれです

栗おはぎ

お盆(ブログ:8-16)に続いて、銘菓Hのおはぎ登場
おはぎとぼたもちの違いなどのミニ知識は別にして、
美味しいものは美味しい、好きです、この味
前列に鎮座するのはお彼岸限定の『栗おはぎ』で、
あんこを一切使わずに素材の甘味を堪能できました。
結構カロリーが高いかなあと心配しつつも、
ついつい手が伸びて、心もお腹も立派に彼岸供養
仏壇からクスクスと笑い声が聞こえそうでした

最後に石垣島の事を少しだけ追加で

エメラルドの海を見る展望台

島の中央部にあるバンナ公園に行きました
小高い丘からも眺める東シナ海の景色は広大で、
思いっきり空気を吸いたくなる気分でした。
撮影場所が『エメラルドの海を見る展望台』、
南国にピッタリのおしゃれなネーミングですね
園内にある『世界の昆虫館』も豊富な展示で溢れ、
しばし童心に戻ってクワガタや蝶を楽しみました
石垣島でのんびり眼科診療所を経営なんて、
夢みたいですが、思わなければ始まらない

今日は曇り模様、上弦の月は見られないかなあ

21日、お墓参りに行くと思わぬサプライズがあり、
両親からのプチプレゼントと理解します

石垣島での様子の続きをお話しします。
17日8時半、迎えの車に乗りそのまま港へ

アオウミガメ

台風の影響も徐々に治まり、黒島を目指します
船で45分間快適に走り、最初のポイントに到着し、
スタッフの「カメが見られますよ~」の説明に笑顔
みんなで視線を広げながらカメを探すこと10分、
合図のベルが鳴りアオウミガメの子供を発見です
どんなに速く泳いでもとても追いつけませんし、
不用意に刺激するとサーっと逃げてしまうので、
進路を想定して回り込みながら観察、撮影します。
息継ぎで海面に出るところを、下からパチリ

その撮影をしている僕をスタッフがパチリ

カメ撮影中

水深12mくらい、こんな感じなんで~す
この子の次には大きなアオウミガメも現れ、
納得のカメダイブに船上でも話が弾みました。
小さなイシガキカエルウオの無邪気な表情、
岩陰のハナゴンベの鮮やかな体色など、
カメ以外にも満足のダイビングとなりましたよ

石垣島北側の川平へ行けないのを悔やんでいると、
「新しいマンタポイントです」の声に気分回復
心拍数が少し上がるの感じながら目的地へ潜り、
海底の岩に張りつき、30人60の瞳で探すこと30分
う~ん、現れませんでした、ガッカリ

スナックMANTA

自然相手だから仕方ないのですが、
台風18号があと3日早く通過していたらなあ~
今回はマンタ目当てだったのでやっぱり残念で、
繁華街のスナックの看板が虚しさを助長しました
オリオンビールと石垣牛の焼肉で締めくくり、
翌18日、市内観光⇒空港、21時には無事帰宅

カズマンタでは納得いかないでしょうが、、

2017石垣島

久しぶりのダイビング、久しぶりの石垣島でした。
大きな自然の中に身を委ねると自分の視界が広がり、
また次へ向かう意欲が高まってきます
開院して20年、大きな山を何度も乗り越え、
今も目の前に高いハードルがありますが、
自分を信じて僕らしく歩いていこうと思います

この時期は朝の空気が爽やかで最高です

9月14日『永ちゃん、ハッピーバースデー

2017-9-14

E.YAZAWA、68歳になりました
持病の腰痛を抱え、70歳が近づく今も、
気力&体力を維持しながら活躍している姿に感動
コバガン職員のJさんも同じ14日が誕生日で、
全員にケーキをプレゼントして栄養補給でした。
買ってきたHさんが「みんな平等に」と考えて、
ずらーっと並んだイチゴショート🍓まあいいか
僕も、僕らも、まだまだ走ります

16日早朝3時出発、9時過ぎ石垣島到着

石垣空港

空港のハイビスカスが元気に咲き誇り、
皮膚に痛みを感じるくらいに太陽が照りつけ、
台風18号の過ぎ去った青空が迎えてくれました🌺
お店に直行してさっそく準備に取りかかります。
送っておいたダイビング器材とカメラを持って、
港からボートに乗り込み、いざ出陣

青い空、緑の島、白い水しぶき、青い海

石垣うなりざき

11カ月ぶり(前回:ブログ2016-10)の海は魅力的で、
どんな景色が見られるのか期待は高まります
セット完了、チーム毎に順番に潜行していきます。
「あっ、耳抜きが不十分だあ
海面に戻り、少しずつ耳抜きを確認しながら、
重力から解放されて海の世界へ泳ぎ出します
ダイビング歴10年以上でも、1本目は緊張します

南の海のアイドルと言えば、もちろん

カクレクマノミ

ニモの名前でお馴染みのカクレクマノミです
イソギンチャクの中を泳ぎまわる姿は可愛くて、
何度見ても癒されますね~みんなのお気に入り
この日は天気こそ晴れているものの、
北風が強く、波も高かったので島の南側で潜り、
お目当てのマンタポイントは行けませんでした。
それでも水族館のようにたくさんの魚を眺め、
目の前に広がる沖縄のきれいな海を楽しめました

夜は居酒屋で仲間と一緒にオリオンビール
17日の様子はまた次回に、、マンタ出たか

ベッドパッドを秋物に交換して少し温かく

予約しておいたE.YAZAWAのブルーレイ到着

YAZAWA2016

去年の全国ツアーから白熱の大阪公演と、
クリスマスディナーショーを収録した2枚です
映像を見れば2016年の記憶が鮮明によみがえり、
いつもの正装(白スーツ)で武道館へ出かけたのが、
昨日の事のようです(ブログ:2016-12-16)
残暑はそろそろ一段落のようですが、
YAZAWAファンのハートは徐々に熱くなります。
前橋、武道館と3連戦で2017年を締めくくる予定

院長室の卓上カレンダーもあと2枚です

2017カレンダー

開院20周年となる今年は大きなイベントを控え、
いつもより気を引き締めて新年を迎えて、
それがあっという間に時間は過ぎて残り4カ月
新年のブログ(2017-1-9)で書いたYAZAWAの言葉、
『自分と真っ直ぐ向き合いながら生きる‼』
この言葉を改めて心に刻んで、
何ができて、何ができていないかを確認して、
年末の忘年会に向けて進んでいきたいものです

朝の散歩のご褒美となりました

朝の秋空

秋の深まりとともに、朝晩は過ごしやすいですね。
9日(土)朝6時、爽やかな外気に包まれて散歩すると、
晴れた西の空にきれいな月が見られました
満月から2日経過した居待月の状態でしょうか
太陽に照らされた優しい表情は、
諸事で張りつめた気持ちを少し緩和してくれました。
ベランダから昼間は秋風に吹かれて青空を見たり、
夜には星や月の明かりを楽しむなんて最高ですね。
みなさんも時には空を見上げてみて下さいね

今週末の連休は青い海に浸かってきます
台風18号が直撃していて不安もありますが、
週明けに、水中写真とともに報告しますネ

そろそろ夏用の寝具は終わりでしょうかね

どの分野にも専門誌があるものです

サラサーテ
 
サラサーテという雑誌で、その副題がシャレていて、
「弦楽器と音楽を愛するすべての人へ」です
チェロを再開したのをきっかけに定期購読を始め、
わかりやすい所を選びながら読んでいて、
最新号(左)の表紙はチェリストの長谷川陽子さん
2001年2月23日に高崎でソロコンサートがあり、
その時にCDを買ってサインしてもらいました
何をするにも理論がわかってから動くタイプで、
日々の実践練習に加え、良きパートナー発見でした。

こんな教本も揃えて、動画とともに理論から

背泳ぎ

練習中のバタフライはフォームが定まってきて、
プールでも「綺麗に泳ぎますね」と嬉しい反応も
当初の目標だった200mの壁は高いですが、
100mは何とか泳ぎ切ることが出来ますよ~
この秋、新しい泳法にも挑戦という事で、
コツコツ、いやコソコソと背泳ぎを始めました
鼻から水が入らないような息継ぎや、
手と足のバランスなど新しい課題を克服しながら、
背泳ぎで気持ちよく100m泳ぐのを目指します

こちらは理論抜きに美味しかった(カツオ)

かつお

5日、3人の音楽家の先生たちと親睦会でした
クラリネットもチェロも優しい音色で、
楽器に触れている間は他の事を全て忘れて、
一心に音を楽しめるのが最高の気分です
話題はモーツァルトからメダカまでと幅広く、
時間を忘れて美味しいお酒と食事に没頭しました。
お気に入りの日本酒バーで軽く2次会となり、
相変わらずのガラガラ声をアルコール消毒完了
翌6日のオペ、もちろんバッチリでした

年末の武道館にむけて素敵な商品が到着、
息切れしないように気持ちを高めていきます

このページのトップヘ