一日ごとに空模様が変わりますね

このブログで何度か触れましたように、
人生初(最後)の榛名湖ダイビングをしてきましたので、
さっそくご紹介したいと思います。
まず13日(金)昼休みに前橋へ行き講習を受けました

潜水医学学会

眼科の学会ではなく少々アウェーな空気を感じつつも、 
特別講演『低圧環境での加圧』に参加して知識の復習です。
僕のダイビングの師匠が高所潜水について解説し、
海とは違う環境で安全に潜るコツを学んできました
もちろん、戻って午後の外来診療でしたよ

そして翌14日朝、榛名湖へ向かいますが、
天気は雨、山道がすでに視界不良~

榛名湖

標高1084m、気温も水温も10℃という厳しい環境の中、
ドライスーツで完全防備し湖へ潜ります
ライトを点けていても2m先が見えず、
仲間の姿を見失わないように藻をかき分けて進みます。
水中の写真をお見せした友人Yさんからは、
「遭難救助ですか~❔」とコメントが届きました

湖底に大きなカラス貝が所々で見られるくらいで、
動く生き物には全く会えませんでした

カラス貝

見たくないものにも遭遇しなくてホッと一息
こうした環境では自分をコントロールする事に専念し、
少しでも余分なストレスを作り出さないのが重要です。
つらい初体験でしたが、良い思い出となり、
『アルティチュード・ダイバー』の資格も無事に取得予定

厳しい条件下でも誰ひとり事故もなく潜れて、
支援いただいた潜水堂と麻酔科大先輩S先生に感謝
ダイビングは青い海に限る、間違いない