11月11日、『麺の日』『ポッキーの日』等、記念日多い

先週は京都で大規模な学会が開催され、
5日早朝に高崎を出発し、2日間だけ勉強してきました 

2016臨眼

お昼には『緑内障とドライアイ』についてセミナーがあり、
緑内障点眼薬がドライアイを助長するリスクや、
角膜所見を見極めて点眼薬を選択する重要性を再確認
重症の糖尿病網膜症の治療についても、
注射とレーザーを効率よく併用する事が示され、
日々の臨床に活用し、患者さんに貢献したいと思います
広いホールには最新の診療機器が展示され、
休憩室の抹茶&団子等にも長い列が出来ていました

せっかくの京都ですので、プチ散歩も

詩仙堂

今回、有名どころは外して左京区の詩仙堂
一帯は高台にある閑静な住宅地で、
小さな門をくぐり、竹に囲まれた参道を登ります。
建物はとてもコンパクトで天井も低く、
その包まれ感が安心感につながるような雰囲気でした
色づき始めた紅葉と鹿威しの音色が秋を演出し、
「あ~京都だなあ」とふっと心が軽くなりました

そこから歩いて数分、次は圓光寺です

圓光寺

座敷から景色は「あと1週間後が見頃か」
マイナスイオンたっぷりの空気と庭の緑がとにかく新鮮で、
ゆっくり歩いているだけで体の芯からリフレッシュできます
建物の前には大きな盃型の水琴窟があり、
竹に耳を近づけると甲高い澄んだ音が心地良く響きます
「この音の音階はコレ」とわかるような音感がなくて残念
山門で振り返れば京の街並みが一望です

勉強、紅葉、おまけの栄養補給も

お通し

カウンター6席の小さなお店ですが、
滋賀県出身の父子が手際よくきれいな料理でおもてなし
手はずっと動かしながら、笑顔で接客する姿が素敵で、
業種は違っても見習いたいものです。
6日は朝食(仕上げにカレーライス)を少し食べ過ぎたか、
講演中に眠気が少々、頑張りました
帰宅後は、泳がず、吹かず、録画で真田丸

今日は来春就職予定の学生さんと面談し、
新鮮な笑顔と意気込みに触れて、気持ち良かったです