寒波襲来でスキー場ではホッと一息でしょうか

日曜日のお決まり、『吹いて、泳いで、真田丸
18日、この生活パターンにも遂にピリオド

真田丸最終回

最終回を涙をにじませながらしっかり見届け、
14日のYAZAWAに続いて、また僕の2016年が一段落
1月10日の放送開始以来ずっと見続け、
ドラマの進行に合わせて各地へせっせと出かけ、
その様子は時々のブログでも紹介してきました
3月:松代、4月:上田、6月岩櫃山、8月:沼田、
9月:犬伏、11月:大阪(冬の陣)、どこも素敵な思い出
新鮮な気分で所縁の地を巡ることが出来ました

この流れを大切に守り、最終回を待たず出陣

安居神社

冷えた空気を頬に感じながら最寄駅から歩くこと数分、
閑静な住宅街の中に、幸村終焉の地:安居神社です
左に幸村公銅像、右に記念碑、
中央に見える大きな木が『さなだ松』です。
ドラマの中で「ここまでか」といったポーズと似ていますね
訪れる人は皆一様に無口で、静かに参拝していました
あっ、参拝前に手を洗うのを忘れた

近くの一心寺で迫力満点の山門を楽しんでから、
天王寺公園内の茶臼山へ向かいました

茶臼山①

冬の陣では家康が、夏の陣では幸村が本陣を構えた場所
小高い丘の頂上に掲示板や六文銭の上りが立ち並び、
6月に汗をかいて登った岩櫃山を思い出しました。
う~ん、ここから互いをにらみ合っていたのか
公園南側、市立美術館に通じる和気橋には、
青空を背景に真田丸の赤い旗が風に揺れていました

「ここで戦国最後の戦いか」と想いを募らせ、
冬の日差しを浴びながら天王寺駅へ向かいました

あべのハルカス

目指すは高さ300mのあべのハルカスです。
高速エレベーターで60階(ここは288m)へ上ると、
360度見渡すことのできる天井回廊があります
大阪を一望できる絶景スポットで、
天気が良ければ京都タワーまで見えるとのことです
写真中央左の森が見てきたばかりの茶臼山で、
拡大すると橋の両側に赤い旗も、、少々わかりにくいか
慌ただしく高崎へ戻り、ひと泳ぎ⇒

真田を訪ねる『ブラカズオ』も最終回となり、
素晴らしい大河ドラマと過ごせた1年間に感謝です
さて、来年はどうしようかな~