今年の春一番「元気ですか~っ」(わかる?) 

18日(土)、診療後に北へ目を向ければ澄んだ青空、
「そうだ、山へ行こう」と支度を整えて15時40分に出発

奥利根ナイター

関越道水上ICから10㎞、奥利根スノーパークへ到着です
暮れゆく西の空に輝く金星、南にオリオン座を眺めながら、
夜の冷えた空気の中をガッチリと2時間滑りました。
ゲレンデ整備のために約1時間コース制限がありましたが、
再開したリフトで山頂へ登り、久しぶりのナイターを満喫
帰り道、沼田―赤城の渋滞を過ぎてからSAで夕飯を食べ、
ジムのサウナで汗を流しハードな1日が一段落

前日の17日、昼休みにはO製薬の勉強会でした

ミケルナ

この10数年、緑内障に対する点眼薬が次々と開発されて、
選択肢の増加は患者さんにとって望ましい事です
今回発売された点眼薬は代表的な2種類の成分の配合剤で、
効果は期待通り、何よりその名前の由来がしゃれています
ローマ神話の月の神:ルナを製品名に組み入れて、
製品のイメージイラストには、月明かりに見守られながら、
2つの光が眼球を模した地球へ向かう様子が描かれています
切れ味良く、喜ばれる点眼薬となって欲しいです。

疲れた体には糖分(甘味)が必要、洋菓子も食べます

モンブラン

ケーキといえばチョコレート系が多いのですが、
今回、気分を変えてモンブランを選びました
(正確にはモンブラン「も」です
ヨーロッパのモンブラン山(Mont Blanc:白い山)をヒントに、
栗の茶色で山肌を、白い粉砂糖で雪化粧を表現しています
子供の頃から慣れ親しんでいたモンブランは、
黄色くて、甘露煮の栗がチョコンと乗った日本式スタイルで、
食べ進むとその栗がコロンと落ちたりしたなあ~。
SさんからいただいたYAZAWAのお皿、サンキュー

15日、暦の先勝に合わせるかのように吉報が届き、
21年目に向けて次のステップが始まりました