豪雨被害の一方でダムは水不足、そして梅雨明け

16日、、ダイビングへの想いを断ち切って、
山の新鮮な空気を求め山梨県清里へ向かいました

野辺山牧場

松井田妙義IC~佐久南IC間は高速道路を利用し、
その後は国道141号:佐久甲州街道を順調に走り、
2時間半の気持ち良いドライブで目的地に到着
南牧村、、群馬に「なんもくむら」がありますが、
長野に「みなみまきむら」があることを知りました
山梨県立まきば公園からの景色は素晴らしく、
牧場の牛や羊から視線を上げると、
遠く(写真右上)に富士山を見ることが出来ました

長野県の野辺山駅には大きな記念碑が

野辺山高原
 
JRの駅の中では標高の最も高い位置にある駅で、
すなわち「宇宙に最も近い駅」とのことです
近くに天文台の大きなパラボナアンテナも設置され、
見晴らしの良い場所で、星空もさぞ綺麗でしょう
ちょうど昼時のため信州蕎麦屋さんは満席で断念し、
野菜、果物と並んで売っていたクワガタムシを見て、
子供の頃をちょっぴり思い出しました

晴れていれば最高だったなあ

信州の山

来月末に北杜市で音楽関係のイベントがあり、
ぜひ参加したい⇒どんな所?⇒車で何時間?
⇒まず行ってみる、と思いつきのドライブでした
三方を山に囲まれた高崎に育ちましたが、
高原は開放感が格別で、マイナスイオンたっぷり
清里のお土産に『白いチーズケーキ』を買い、
「よし、来月も」と決意を新たに帰路へ着き、
クラリネット、チェロと練習しましたよ

日焼けした逞しい若者の姿を横目に、
屋内プールで色白のまま泳いでいます、残念っ