そろそろ夏用の寝具は終わりでしょうかね

どの分野にも専門誌があるものです

サラサーテ
 
サラサーテという雑誌で、その副題がシャレていて、
「弦楽器と音楽を愛するすべての人へ」です
チェロを再開したのをきっかけに定期購読を始め、
わかりやすい所を選びながら読んでいて、
最新号(左)の表紙はチェリストの長谷川陽子さん
2001年2月23日に高崎でソロコンサートがあり、
その時にCDを買ってサインしてもらいました
何をするにも理論がわかってから動くタイプで、
日々の実践練習に加え、良きパートナー発見でした。

こんな教本も揃えて、動画とともに理論から

背泳ぎ

練習中のバタフライはフォームが定まってきて、
プールでも「綺麗に泳ぎますね」と嬉しい反応も
当初の目標だった200mの壁は高いですが、
100mは何とか泳ぎ切ることが出来ますよ~
この秋、新しい泳法にも挑戦という事で、
コツコツ、いやコソコソと背泳ぎを始めました
鼻から水が入らないような息継ぎや、
手と足のバランスなど新しい課題を克服しながら、
背泳ぎで気持ちよく100m泳ぐのを目指します

こちらは理論抜きに美味しかった(カツオ)

かつお

5日、3人の音楽家の先生たちと親睦会でした
クラリネットもチェロも優しい音色で、
楽器に触れている間は他の事を全て忘れて、
一心に音を楽しめるのが最高の気分です
話題はモーツァルトからメダカまでと幅広く、
時間を忘れて美味しいお酒と食事に没頭しました。
お気に入りの日本酒バーで軽く2次会となり、
相変わらずのガラガラ声をアルコール消毒完了
翌6日のオペ、もちろんバッチリでした

年末の武道館にむけて素敵な商品が到着、
息切れしないように気持ちを高めていきます