今年もブログを読んでいただき感謝します

美味しそうな(実際メッチャ美味しい)写真です

🍓デザート

この1年はチャンスを見つけてフレンチにも挑戦
Xmasメニューをいただくために車でひとっ走り
豪華なアミューズから最後のデザートまで、
地元の貴重な食材が大いに織り込まれた料理は、
ご覧のように芸術作品と言える仕上がりです
イチゴとレモンの調和が見事なデザートは、
運ばれてきただけで鼻孔とベツ腹を刺激します
ドリンク担当の男性が上品な物腰でカッコいい
オーナーの熱い志が隅々まで行き届いているお店で、
どのスタッフも瞳を輝かせて仕事をしています。
料理と医療で提供するサービスは異なっていても、
たくさんの事を学べる素敵なお店に感謝です

27日、今年最後の手術が終了し、ほっと一息

2018メス納め

白内障手術は数分でトラブルなく終わりますが、
その準備、片付け、術後管理などストレスは多く、
頑張ってくれたスタッフ全員に感謝でいっぱい
「ここで手術を受けて良かった」と喜ばれるよう、
来年も一つ一つの手術を大切に取り組みます
最終日は友人Fさんの見守る中、スムーズに終了
年末年始はしっかり休んでエネルギーを蓄えて、
2019年1月8日、来年の手術がスタートします

こんないただきものに気持ちがホッコリ

フォトビー

半袖白衣に羽織るようにとジップアップの上着、
LINEスタンプのイラストを焼き入れた星形のお皿、
写真入りのオリジナルビール:フォトビーです
職員一人一人が医療人として高い意識を持って、
素晴らしいチームワークで診療できる喜び
男女問わず、縁あって知り合えた魅力的な方々の、
生き様や心地よい言葉もうれしい贈り物です。
「先生、来年も元気でいてもらわないと、
 私たちが困っちゃうよ」と患者さんから励まし
有形無形のたくさんの支えに感謝でいっぱいです。

2018年(平成30年)もいよいよ幕を下ろします

カルスキ

2018年、おかげさまで本業の眼科診療も順調で、
趣味のチェロやクラリネットもそこそこ上達し、
プールも個人メドレーで泳げるようになりました
背泳ぎのバサロスタートもするんですよ~
あっ、ダイビングから離れてしまった、来年こそ
もちろん、公私ともに順風満帆なわけなどなくて、
様々な悩みや課題を背負いながら歩いています。
「時々、投げ出したくなる、、」こんな弱音に、
『先生に抱えきれない荷物はありません、
 それだけ器があるのです!』とYuさんの一言
この言葉を胸に秘めて2019年を過ごします

年末年始は寒波に覆われてかなり冷えますので、
皆さんも体に気をつけてお過ごしください。
2018年、コバガンと小林和夫を支えていただき、
改めて感謝します、良い年をお迎えできますよう