立春、このまま雪が降らない2月でいて欲しい

31日のチェロのレッスンで課題曲第2弾決定

美女と野獣

去年の♪星に願いを♪と同じくディズニーからで、
♫美女と野獣♫をチェロで演奏することに決定
緊張でテンポも乱れた♪エーデルワイス♪から1年、
成長した姿を皆さんにお見せしたいものです
左手のポジションチェンジが多くて難敵ですが、
感情を込めて伸びやかな音で弾けるように頑張る
果たして、愛:Loveを感じられる演奏になるか❔
毎朝、診療前にはあのメロディーを練習しますから、
お待ちいただく間、成長過程をお楽しみください

練習の最後は決まって『鳥の歌』です

カザルス

白内障手術をしたEさんが朝一番の診察の帰り際、
「鳥の歌、良かったよ~」とお世辞でも嬉しい
チェロの神様:カザルスへの畏敬の念を持って、
原曲より低い音程ですが、弾き続けています
そのカザルスの言葉は無駄がなく迫力満点の一言
開院以来、白内障手術を診療の柱としているので、
この言葉に当てはめるなら、チェロ⇒手と替えて、
My only weapon is my hands!でしょうか
「スポットライトの中でこの曲を弾いてみたい」
と、夢と希望を大きく抱いてチェロを続けます

芸術鑑賞月間(❔)だった1月の締めくくり

Love never die

『オペラ座の怪人』の続編との設定で書かれた、
『ラブ・ネバー・ダイ』を日生劇場で観ました
怪人役の石丸幹二の張りのある歌声や演技、
クリスティーヌ役の平原綾香の澄んだソプラノ、
不思議でちょっと怖い感じさえする舞台空間、
「感動するってこういう事」とさえ思えました
ラストシーンも予想外で余韻を残しました
自分がいろんなことを経験して汗と涙を重ねて、
心の引出しに入っている出来事と照らし合わせ、
深い感情で観劇できたと思う、心も満腹です
違う配役でもう1回見てみたいなあ
ゴジラ像2019

帰り際にお馴染みのゴジラ像をふっと眺めれば、
いろんな想いが瞬時に巡りました、、ガオーッ