長すぎるGW、5日から診療を始めています

令和初日、カンボジアの夜明け(時差2時間)

気球から

夜明け前、朝5時20分にホテルを出発し、
期待を高めてアンコールワットへ向かいました
現地へ着いてから申し込んだ気球🎈に乗り込み、
時刻を見計らって徐々に空に昇り、日の出を待ち、
光が差し始めると、見る見るうちに真ん丸に
写真左手に見える赤い丸が5月1日の朝日で、
うす暗い右手がアンコールワットになります
数分の出来事でしたが、心に残る景色でした

気球から降りて、車で近づきます

アンコールワット朝日

寺院の周囲を取り巻くお濠越しに眺めれば、
朝日を背に浴びたアンコールワットは神々しく、
その雄姿に見物客はみな満足気な表情でした
カンボジアを象徴する唯一無二の景色ですネ
前日に建物内の見学は済ませてあったのですが、
曇っていて夕日で金色に輝く姿は見られなかった
それでも、建物内は第三回廊まで十分に見学し、
夜は、冷えたアンコールビールもばっちり
ちなみにお値段はグラス1杯0.5$、55円です

近くのアンコールトムも行きました

バイヨン象

敷地内中央にそびえるバイヨン寺院が有名です
個人的には象に乗りたかったのですが、
予約一杯で次回のお楽しみに、パオーン🐘
湿度はそれほどではなくても、暑さは厳しくて、
歩き続ける観光ですから高齢者にはきついですね。

映画『トゥーム・レイダー』の撮影場所

タプローム

もとは仏教寺院だったタプロームという場所で、
樹齢300年とも言われるガジュマルの巨木が、
寺院を押しつぶさんばかりに成長しています
水分を含んだ根が膨らんで石を突き破り、
別名『締め殺しの木』とも、、凄い生命力です
観光ガイドに載っている遺跡はほとんど回り、
夜はパブストリートという繁華街も体験できて、
ほぼ予定通りの旅をすることが出来ました

観光の合間の時間を利用してリラックス

メリディアン

ホテルのプールを利用している人は数名いても、
しっかり泳いでいるのは僕だけでした、場違い
水着の写真はモラハラに抵触しそうで割愛します
パラソルの下で無伴奏チェロ組曲を聴きながら、
冷たいパインアップルジュースでリゾート気分
次回、少しだけ首都プノンペンを紹介します

和みコンサート2019まであと10日となり、
自分を追い込んで診療に練習に頑張ります