水無月、、田んぼに水が入り始めましたね

6月大歌舞伎・夜の部、、面白かったです

6月大歌舞伎

お世話になる山野楽器で貴重なチェロを試奏して、
ちょっと高揚した気分のまま、甘い大福を片手に、
6月初日で賑わう歌舞伎座へ向かいました。
歴史漫画『風雲児たち』という原作をもとに、
三谷幸喜さんが創り上げた新作歌舞伎(現代劇)で、
『月光露針路日本:つきあかりめざすふるさと』
幸四郎、猿之助、愛之助など人気俳優が登場し、
伝統と革新が見事に融合した舞台となっていて、
歌舞伎の枠を超えたエンターテイメントでした

三谷かぶき
 
開幕の口上から客席の集中力が高まりました
物語のあらすじは割愛しますが、
わかりやすい台詞、面白い演出、豊かな表情、、
漂流者17名の苦難が見事に演じられていました
大雪原を走る犬ぞりのシーンは最高でしたヨ~
「面白かった」に加え、心にぐっと迫る内容で、
もう1回見たいと思うほど素敵な舞台でした
幕が閉じても誰も席を立たずにカーテンコール3回、
最後は総立ちで、館内に拍手が鳴り響きました
(写真左から9人目、おやすみポーズが幸四郎
さあ、どこかに空席が残っているか検索します

令和が始まり、1カ月遅れで皇居へ

令和二重橋

曇り空、暑すぎないで散策にはちょうど良い
二重橋まで歩き、「令和」の時代の繁栄を願い、
ソフトクリーム片手に楠木正成像を見上げました。
金箔ソフトなんていう豪華な一品もありました🍦
皇居に招かれることは生涯ないでしょうから、
日本国民として一般参賀に出かけてみようかなあ
振り返れば丸の内の高層ビル群、、さすが東京

大阪弁

こちらの商品は、さすが大阪
ちょうどよい大きさ、甘さで疲労回復の特効薬
8日(土)の診療後にはお決まりの期末試験です