KAZUO'S DOOR

カテゴリ: ブログ

猛暑、酷暑、熱帯夜、、暑過ぎですね

先週12日、午前のオペをきっちり仕上げて出発

トラのもん2018

12時前の新幹線に飛び乗り、一路東京へ🚄
炎天下に皇居周囲を走るランナーの姿もあり、
熱中症にならないかなあ、とちょっぴり心配も
レストラン前のソファには涼を求める人も多く、
こんな場所でひとやすみなんてオシャレですね
ビル内のコンビニまで上品な雰囲気でさすがです。
虎ノ門ヒルズのマスコット:トラのもん
ぬいぐるみなどの関連商品が販売されていて、
「Tシャツ、、着ないなあ」と見るだけでした。

今回は神戸のKさん、Yさんのお招きでした

GREUBEL FORSEY

スイスで活躍している腕時計職人の最新作を、
身近でじっくり(ルーペを使って)と観察して、
実際に手に取って感触を味わってきました
トゥールビヨンという複雑機構を複数配置して、
精度を高めつつ、芸術品として完成させています。
鐘の音色で時刻を知らせてくれる腕時計もあり、
超絶クラスの腕時計の奥の深さにため息が
もちろん「見るだけ」の夢の時間となりました

オシャレなランチも堪能してきました

Andaz
 
51階のレストラン、、文字通り、敷居が高い
店員さんお勧めの肉のランチコースを選んで、
ノンアルコールのビールやカクテルまでつければ、
2時間前まで高崎にいたとは思えない環境変化
野菜サラダも僕のイメージと全く違うものが出て、
思わず「これは頼んでいません」と言いそうでした。
デザートのチョコレートケーキは味が濃厚で、
ウィーンのカフェを思い出しながら楽しめました
たまには気取ってこうした店へ行くのも刺激的

連日の40度超え、、皆さん体に気をつけましょう

西日本では大雨の被害が深刻で心配です

七夕、、見上げた夜空に星は見えなかったです

2018七夕

ドライブに出かけた先の展望台の天窓です
(運よく他のゲストはいなかったので独占状態)
「あー、こんな時間が続きますように」と願い、
山の景色と新鮮な空気でリフレッシュできました
遠出しなくても日常の中でも小さな発見があり、
ジムから自転車での帰り道、視線を上げると、
日没前の淡い青空と夕焼けの橙色の対比が綺麗
目の前の問題ばかりに気を捕らわれていると、
誰でも心が苦しくなってしまうものです。
空を見上げ、雲や月を眺めるのも良いものですよ。

地道な練習がいつか実を結ぶでしょう

朝練継続

毎朝、8時過ぎからチェロの練習を続けていて、
牛の歩み程度には上手くなっているはずです
習い始めて1年、悪戦苦闘しながらの日々で、
先生のような音が出るのはいつになるだろうか
ひまな時にはYou Tubeでチェロの名演奏を楽しみ、
自らの現状には都合よくすっかり目をつぶり、
イメージはほぼ完成しているチェリスト K です
今夜は19時からコバガンでN先生のレッスン、
15日(日)は月1回の八王子でのS先生のレッスン

庭の片隅のケイトウが順調に育っています

ケイトウ2018-7

雄鶏のとさかに似ていることから命名されていて、
男のおしゃれに関する花言葉が多いようですね
冬の間、地中でじっと耐えていた生命が芽吹き、
太陽の力を受けてぐいぐいと成長していきます🌱
自分の人生を振り返ると順風満帆とは言い難く、
四季に例えれば冬の時期も今までに何度かあり、
ここ2~3年がまた耐え忍ぶ時となっています。
必ず雲が晴れると信じて、ぶれずに頑張りたい
母が好きだったケイトウが無言で応援してくれる

明日はオペ後に虎ノ門弾丸ツアー、楽しみ

エアコンの中でも背中に汗をにじませ診察です

先週の学会、最終日にはスタッフ2人も参加

フルーツパフェ

僕だけでなくスタッフも意識を高く持ってもらい、
学んだ分を自分の力として患者さんに還元したい
9時からの講演に合わせて7時過ぎに高崎を出発、
半日しっかり勉強して、様々な医療器械を見学し、
夏の太陽と照り返しを全身に浴びながら銀座へ
決めていた千疋屋へ直行し、フルーツパフェ注文
店員さんが果物ひとつずつの産地を説明してくれ、
「なるほど長野の夏イチゴ🍓かあ」
「マンゴーも甘みがすごい、沖縄を思い出す」
と、目も舌も十分に楽しむことが出来ました

いよいよ2か月後に迫ってきました

Yazawa

今年のツアーは『STAY ROCK』のタイトルで、
9月1日に北の大地、北海道からスタートして、
名古屋・大阪・広島・東京の全5公演だけです
もうツアーグッズの予約販売も始まっていて、
本番に向けて気分が徐々に高まっていきます。
今回、僕は初めての会場へも出陣予定ですので、
9月には細かくご報告しますね、お楽しみに
よし、白スーツをクリーニングに出しておこう

最後に粒ぞろいの美しい写真を

トウモロコシ

お世話になっている神戸のKさんからの贈り物で、
とても美味しいトウモロコシです 
素材そのものが優良品で素晴らしいうえに、
ゆで方も絶妙な塩加減でちょうどよく仕上がり、
ご覧のように見事な黄色(菜の花色)の輝きを放ち、
フルーツのような食感でいただきました、感謝
スタッフもみんな素敵な笑顔になれました
子供の頃に食べた焼きトウモロコシの味も格別で、
口の周りを黒くして食べましたね、、懐かしい

七夕、、さて願い事は通じるのか

7月を待たずに梅雨空けしましたね

先週はお寿司を食べる機会が重なりました

甘い玉子焼き

28日、友人Kさんといつものお店で2時間半、
和みコンサートの事やら不透明な経済の事やら、
心を許して気軽に話せる大好きな時間でした
「牡蠣はいつ頃になったら」と大将に聞くと、
「うちで扱うのは12~5月ですね」、、そうね
季節ごとの肴をつまみに美味しく飲める定例会、
これからも月1回くらいはお付き合いをよろしく
仕上げはご覧のように甘い玉子焼き、サイコー

週末は東京:国際フォーラムで学会でした

銀座久兵衛

東京:銀座で旧友と食事の時間も取れたので、
「ここ行ってみるか」と緩んだ表情で初出陣です
案内されて5階のカウンター席へ腰掛けて、
生ビールで乾いた(暑さ、緊張で)喉を潤してから、
「どのように注文すれば」と板前さんに聞くと、
「お好きなように言ってください」との返答と、
「先生にお任せます」との相方の優しいの声に、
「じゃあ、お好みで食べましょう」と食事開始~

巻き🍣

先付、お造りに始まって握りまで快調に進み、
一本の中に3種類の具材を巻き込んだ巻物も
仕上げはもちろん「玉子焼きをつまみで」、
う~ん、僕としてはもう少し甘くても良かったか。
お酒も昔話も途切れることなく進んで楽しかった
「よし、もう1軒」と京料理で仕上げて解散でした。
あっ、もちろん学会参加が目的でしたので、
白内障手術の勉強もしっかりしてきましたよ

いろんなお寿司の中でも大好きなのがコレ

いなり寿司LOVE

いなり寿司ですね、、3日に一度はこれでOK
少し時間が経過して油揚げがはんなり落ち着き、
甘いご飯がちょうどよく柔らかくなると美味しい。
僕にとって母を思い出させてくれる貴重な一品で、
作り手の想いが感じられると目頭が熱くなります
これもサイコーに美味しかったです

さあ、7月、暑さに負けずに頑張ります

梅雨明けか、、庭の芝生がぐんぐん伸びます

今回は身近な話題をお届けします

さくら2018-6

1才5カ月の愛犬:さくら、トリミング後に一枚
慣れている場所やスタッフの前では元気一杯で、
駆け回っているのが、トリミングの時は静かで、
「借りてきた猫ならぬ犬🐩」のようだとの事です。
素直な視線は時に見ている人間の心を射抜き、
思わず悩みを相談したいくらいの状況もあります。
これからも僕のそして眼科スタッフの相棒として、
元気で可愛くいてもらいたい大切なパートナー
みんなの愛情を受け、スクスクと成長しています

そんなスタッフ(今回7人参加)を連れてランチへ🍣

かんぴょう巻

23日、雨の中、たくさんの患者さんが来院され、
しっかりと診療を終えてから近くの回転寿司へ
「イカ、タコ、キュウリ、、何でもどうぞ」
僕のお勧めに苦笑いしながら向かった先では、
「ボタンエビ!」「マグロ三昧!」と元気な声に、
「ガッテン承知」と店員さんもニコニコ顔でした
誰もが気に入ったお寿司を次々と胃袋に収め、
デザートのアイスも食べてバッチリ栄養補給でした。
♪ おとなのかんぴょう巻き ♪ 僕の大好物のひとつ

食後は眼科にひとり戻り、事務仕事とチェロ

虹

雨上がり、6時過ぎには西の空が夕焼けで明るく、
ふと東側に視線を向けるときれいな虹が🌈
ベランダに出て記念写真を一枚、イイね
その晩「虹がきれいだった」と声をかけると、
なかには「私も撮りました」との返事もあり、
離れていても感性が似通っている人の存在に、
そこはかとなく気持ちが癒されホッコリしました
せっかちDr.Kは刺激を受けると夢がぐんと広がり、
24日は「オーロラが見たい」と旅行代理店へ出陣
いつかこのブログでオーロラの写真を皆さんへ、
首を長~~くしてお待ちくださいね

今週末は有楽町:国際フォーラムで学会があり、
スタッフ2人も参加し知識の底上げを図ります

このページのトップヘ